enjoyhacks’s blog

時間は命

エンジョイハックス(enjoyhacks)3000

2001      時間のブツ切りを避けたほうが良い。

2002      感情を含んだ言葉で相手に伝えないこと。

2003      カジュアルファッションはマークや色を少なめに。

2004      「出ても打たれない杭」になるようまわりをマネジメントする。

2005      まめまめしいは「忠実忠実しい」と書く。

2006      アクティブ思考をする。

2007      「負けず嫌い」のパワーは長続きしない。

2008      要は「敵対しない」こと。

2009      できる人はコツを身につけている。

2010      就寝時刻より起床時刻を固定する。

2011      仕事はプロフェッショナルになる。

2012      バイブルとなる本以外はどんどん捨てる。

2013      時間の見積は1.5倍で考える。

2014      「人は反面教師」、先生である。

2015      今やらずにいつやるのか。

2016      段取り八分、実行二分。

2017      朝型ブランドをつくる。

2018      今の仕事に必要なものを手もとに用意しておく。

2019      プライムタイムを作る。

2020      部下に対してもきちんと謝る。

2021      午前中にやりたい仕事をやってしまう。

2022      テレビ・ラジオは選ぶ。

2023      死ぬ前の一時間も残業している一時間も同じである。

2024      土曜日はアクティブに過ごす。

2025      「どれだけやったか」ではなく「どれだけアウトプットしたか」で考える。

2026      モノのサイズや形は統一する。

2027      外出セットをいつも用意する。

2028      不要な本を捨て、必要最小限にしておく。

2029      引き出しの中に不要なものは入れない。

2030      繰り返し手に入る情報は捨てる。

2031      ファイリングは定位置をキープする。

2032      整理は時間の無駄。

2033      整理とは、いるものといらないものを仕分けて捨てること。

2034      人、モノ、情報を探すのは無駄。

2035      メモはいつも同じ紙に。

2036      自分のウリは何かをよく考える。

2037      ブランドは「価値」である。

2038      電話を受ける時間を制限・コントロールする。

2039      サブシステムはシステム手帳でおこなう。

2040      ものごとを人に強制しない。

2041      「知る」ことで不安をなくす。

2042      テマヒマかけないように簡略化する。

2043      そこそこできる仕組みをつくる。

2044      アウトプットできるように本を読む。

2045      ワイングラスと紙コップどちらのワインを選ぶか。

2046      自分ストーリーをつくる。

2047      予定は動詞まで書く「~する。~いく。」。

2048      マイナスイメージの映像を見ない。

2049      いつでも使えるポストイットでメモを取る。

2050      ToDoリストをこなす時間をスケジュールに入れておく。

2051      ポストイットはそのまま人に渡せる。

2052      ToDoリストは一元化し、「消していく喜び」を楽しむ。

2053      スケジュールは自分の都合が最優先である。

2054      一人作業もスケジュールに入れておく。

2055      メモのツールはなるべく一つにする。

2056      手帳には自分が必要とする情報しか書かない。

2057      手帳を使って頭の中を空っぽにする。

2058      手帳には「ブランク時間」もいれておく。

2059      手帳は「人脈管理ステーション」として使う。

2060      手帳のスケジュール欄はタイムゾーン化するとよい。

2061      手帳に余計なものはいらない。

2062      手帳を落としたときの対策をしておく。

2063      デスクトレイを使って家庭の手紙の整理をする。

2064      書類をファイリングすると、ストレスが減る。

2065      アポイントは曜日の確認もしておく。

2066      「オン」と「オフ」のどちらも自分の時間である。むしろ一人の自分が「チャンネルを切り替える」と考える。

2067      二度同じことをやらないで済むようにする。

2068      一度に一つのタスクを行う。

2069      タスクリストには、「考えること」「準備すること」などの課題を入れておく。

2070      裏紙は間違いのもとになるので使わないようにする。

2071      時間は自分が置かれた状況により「ものさし」が伸び縮みするので感じ方が変わる。

2072      選択することに時間をかけないこと。

2073      「迷う時間」を減らす。

2074      必要十分、必要最低限で済ませるようにする。

2075      「手続き」を減らす。

2076      オーソドックスなものを使う。

2077      チャンスを逃さないこと。

2078      「必要なモノ」を「必要な時」に「必要な量」だけ持つようにする。

2079      メンテナンスフリーのモノを使う。

2080      まぎらわしいので、下書きは残さないで捨てる。

2081      心も身体も早目のメンテナンスをする。

2082      気がついたときに不要なものを捨てる。

2083      中間点を決めておく。

2084      相手の反応・動きを織り込んで行動する。

2085      身体はこの世だけで使える「借り物」である。

2086      情報・資料は、自分で持たずに人に持ってもらう。

2087      パソコンは「フローの道具」として考える。

2088      振り込みをしなくてよい仕組みをつくる。

2089      自分の目的・用件・ゴールを先に伝える。

2090      使ったモノは元の位置にもどす。

2091      操作感のある道具を使う。

2092      下調べをしてじっくりチャンスを待つ。

2093      他人の嫌なところには「鈍感」になる。

2094      人に振り回されすぎない。

2095      結果を出せなければ、プロセスは評価されない。

2096      動きながら考えることもできる。

2097      メールの返信はなるべくしない。

2098      色による区別を活用する。

2099      しまわないモノのケースはいらない。

2100      フローチャートで流れをつかむ。

2101      メモは一件一葉にする。

2102      情報はその場で整理し、すぐ使えるようにする。

2103      「後でやる」のは「やらない」と同じである。

2104      死んだらモノは使えない。

2105      他の人がわかるように整理しておく。

2106      モノはいつ捨てるか明記しておく。

2107      人を探すのは時間の無駄。

2108      今あるゴミを半分にする。

2109      学ぶ時には教材を一気にそろえる。

2110      靴選びには気を配る。

2111      あるべきところにあるべきモノを置く。

2112      「才テク」は軽い気持ちでやる。

2113      バイタリティを持つこと。

2114      お金で買えるものは買う。

2115      「日常の小さなこと」こそ楽しむ。

2116      いいことはすぐに習慣にする。

2117      料理と同じようにダンドリはゴールから逆算する。

2118      いつも使う棚にはいらないものは置かない。

2119      自分より弱者にやさしく、ていねいに接する。

2120      身だしなみを人任せにしない。

2121      期限の前に途中報告をする。

2122      エンディングを気持ち良く締めくくる。

2123      先読みをする。

2124      空気を読みつつ、無理をする。

2125      分類は自分の基準で良い。

2126      多くのことについてのこだわりを捨てる。

2127      量をこなすと型が見えてくる。

2128      「お金」を創るのは「時間」である。

2129      スケジュールの空き時間を見えるようにしておく。

2130      宿題の提出は7月31日に決める。

2131      仕事は「因数分解」する。

2132      ダンドリは手段であり、目的ではない。

2133      机の上は一度に一件のことにする。

2134      読書は「学習」と「情報収集」にわける。

2135      好きな感じの本は残す。

2136      自分で変えられるところだけに目を向ける。

2137      カバンの中は帰ったらすぐ整理する。

2138      小さなことで悩むなら紙に書き出す。

2139      デスクのセンター引き出しは「バッファー」にして、常に空にする。

2140      「人の役に立つこと」を考える。

2141      「気の遣いすぎ」はムダなのでやめる。

2142      「やり直し」をなくせば、3倍、5倍のパフォーマンスになる。

2143      「時間がかかるから」と言い訳をしない。

2144      人と意見がぶつかったら、「本来の目的は何か」と考える。

2145      人からの評価を上げるために行動しない。

2146      毎日のサイクルに「メンテナンス」を組み込む。

2147      自分の「失敗談」はどんどん話してしまう。

2148      人が何かをするには時間がかかる。まずはお願いしておいて、じっくり結果を待つ。

2149      人から頼まれたことは、すぐにやる。

2150      システム手帳は情報の新陳代謝を大切にする。

2151      システム手帳の前半には、書きにくいので、記入しないリフィルを入れる。

2152      システム手帳には、いらないリフィルは入れない。

2153      寝坊は気持ちの問題だけである。そんなにつらくない。

2154      未来の時間をコントロールする。

2155      やればできる、けれども人より時間がかかる場合がある。

2156      納得するための時間を大切にする。

2157      本物の勝者には敗者は不要である。

2158      上の批判はしないこと。

2159      人事考課のポイントをおさえる。

2160      まず全体像をおさえる。

2161      予習8割、復習2割。

2162      結論は15分以内に出す。

2163      赤線を引くか迷ったところは引かない。

2164      総合口座を家計簿がわりにする。

2165      カードを使わないこと。

2166      あふれているものを減らす。

2167      サンプル・割引券・クーポン・景品・おまけ・記念品はもらわない。

2168      メールは「受信」「返信」を同じフォルダに入れる。

2169      捨てやすいものから捨てる。

2170      ガイドブックは使ったら捨てる。

2171      100日のうち1日だけ使うものなら99日はいらないもの。

2172      作業が終わったら机の上をきれいにする。

2173      いやな人、馴れ合いを8割捨てる。

2174      アポは自分中心でとる。

2175      モノ捨てる日をスケジュールに入れる。

2176      人という腐れ縁・ゴミを捨てる。

2177      モノは紐で結んでなくならないようにする。

2178      混雑を避けるようにする。

2179      同じ機能のものは一つだけ持つ。

2180      とっておくことが大切にすることではない。

2181      箱からはみ出たら捨てる。

2182      整理する時間は無駄である。

2183      人脈は年賀状の時期に整理する。

2184      カバンは皮が傷んだら捨てる。

2185      捨てるか残すか決める。

2186      「何から手をつければいいんだろう。」と一度考える。

2187      「そのこと自体知らない」のか、「やり方がわからない」のか区別する。

2188      「自分には無理。」と思うことも大切である。

2189      時間の使い方を整理すると人生がシンプルになる。

2190      自分の権利ばかり主張する人はいらない。

2191      人のことを根掘り葉掘り聞いてくる人はいらない。

2192      アドレス帳の数が多くても人気者ではない。

2193      相手にしゃべるだけしゃべらせる。

2194      人付き合いは無駄に多くしない。

2195      無駄な定期購読は中止する。

2196      古いものを捨てないと新しいものは入らない。

2197      他人の時間を買う。そして「より良く」生きる。

2198      3日かかることを1日でする。

2199      忘れてもできる仕組みをつくる。

2200      「必要でないこと」はやらない。

2201      下書きフォルダにメールの定型文を入れてしまう。

2202      「ジェントルマンとは何か」をよく考える。

2203      実戦で使うことを想定した勉強・スキルアップをする。

2204      習慣が人生をつくる。

2205      「キャッチコピー」を大切にする。

2206      威張ったら負けである。

2207      アイディアは馬上、枕上、廁上。 三上の法則。

2208      時間を大切にしない人は、自分の命を大切にしていないことと同じである。

2209      仕事量を減らす交渉をする。

2210      かっこ悪くていいじゃない。

2211      寝る前に自分に人に「ありがとう」。

2212      一時間半早く家を出る。

2213      使う本はアクセスタイムを重視する。

2214      常に上位者の視点に立つ。

2215      仕事はチームでの共通認識から始める。

2216      ステークホルダーを整理する。

2217      ルーティンは作業内容を確認してさばく。

2218      心を亡くすと書いて「忙しい」、亡くした心と書いて「忘れもの」。

2219      マイナスパワーの人とはつきあわない。

2220      機能しない人脈を絶つこと。

2221      アフター5の会合は週末をさけ、会社名は口にしない。

2222      モノが多いとひとつのモノに関わる時間が少なくなる。

2223      カバンの中に認印を入れておく。

2224      持ち物がトランク一つに納まるように生きる。

2225      収納は人がいるところ、使うところにおくこと。

2226      自分宛にToDoリストをメールする。

2227      書類を片っぱしから捨てる。

2228      心配の種はその場で解決する。

2229      ほめられて人は育つ。

2230      いかに少ない時間で多くのものを生み出すか。最大限のアウトプットをする。

2231      病気は時間を無駄にする。

2232      相手からみた時間を大切にする。

2233      スピードが速ければ机の上に仕事が残らないので、いつもきれいである。

2234      仕事は細切れにせず一気に片付ける。

2235      手を動かすと頭も動き出す。

2236      「ガンバリ量」より「アウトプット量」。

2237      人の意見に賛成できないときは、まず「良いところ」をみつけること。

2238      人に教えることで存在感が出る。

2239      上司はトラブルシューティングに使う。

2240      自慢はしない。

2241      徒党を組まない。

2242      「このままでいいんだ」と思えば自信ができてあせらなくなる。

2243      高圧的な人は「対人関係が苦手なんだな」と思ってやる。

2244      あまりものごとにこだわらずに人の「いいとこ取り」をする。

2245      休日の寝だめはやめる。

2246      他人の長所に学ぶようにする。

2247      Win-Win。

2248      時間をつくることに時間を使おう。

2249      本はピンときたら手に入れる。

2250      ここでやらずにどこでやるのか。

2251      ワンランク上の服を着る。

2252      朝早く来ているから、早く帰るのは仕方がないと思わせる。

2253      「残業しないキャラ」をつくりあげる。

2254      考える時間をつくる。

2255      些細なことに目くじらを立てない。

2256      月曜日・金曜日にアポを入れない。

2257      好きな本は一気に読んでしまう。

2258      死ぬ前の一時間を残業代で売り渡せるか。

2259      いつまでもあると思うな時間と命。

2260      インプットは体系立てて行う。

2261      書類に日付を入れる。

2262      トラブルを回避するためにメモを取る。

2263      郵便物はその場で処理する。

2264      引き出しには使うものだけ入れる。

2265      手に負えない情報は捨てる。

2266      専用の電話・伝言メモを使い、手間を省く。

2267      整理しなくてもいい仕組みをつくる。

2268      整頓とは、いるものを使いやすいようにならべること。

2269      人、モノを待つのは無駄。

2270      何かをする始めと終わり以外は機械に任せ、その間別作業をする。

2271      ブランドははっきりさせる。

2272      ブランドはわかりやすくする。

2273      夜討ち朝駆けを基本の型とする。

2274      常にアクティブウェアで臨戦態勢。

2275      人に期待しない。

2276      メモすることにより不安をなくす。

2277      忘れない仕組み作りをする。

2278      手に負える仕組みをつくる。

2279      レポート作成のために本を読む。

2280      メーラビアンの法則を利用する。

2281      業界の常識を持っていること。

2282      手帳に書いたことは忘れること。

2283      マイナスの文章を読まない。

2284      自分の使いやすいメモシステムをつくる。

2285      スケジュールは50%までうめる。あとはフリーにしておく。

2286      ポストイットは他の場所にそのまま貼れる。

2287      スケジュールには2、3割ゆとり、すきまを持たせて組んでいく。

2288      「ついで」にできることをいつも持っておく。外出、待ち時間は結構ある。

2289      用件はすぐにメモする。

2290      アイデアメモは手帳に携行し、あちらこちらに散らかさない。

2291      メモはキーワードで書く。速記のようにすべて書かない。

2292      手帳の表1、表2はポストイットを貼る。

2293      手帳には「考える時間」を入れておく。

2294      手帳とメモの組み合わせシステムをポストイットでつくる。

2295      手帳のスケジュールにデッドラインマークを書いておく。

2296      手帳のスケジュール欄は、時間の目盛りが自分の生活に合ったものを使う。

2297      手帳に趣味の情報欄をつくる。

2298      ファイルボックスを使って家庭の情報整理をする。

2299      書類をファイリングしておくと、必要な情報がすぐに取り出せる。

2300      アポイントを取る時は、2,3候補をあらかじめ決めて相手に提案する。

2301      スケジュールは納期を逆算して立てる。

2302      一度で物事を済ませる。

2303      レスポンスを速くすると、相手も喜び、効果が大きい。

2304      タスクリストとリマインダーで自分を管理する。

2305      学校時代を思い出して「大人の時間割」をつくる。

2306      時間の感じ方は見方・感じ方・状況を変えることによりコントロールできる。

2307      「探すこと」に時間をかけないこと。

2308      行動をパターン化して作業効率を上げる。

2309      時間の無駄は掛け算で増えていくので注意する。

2310      ストローク数・手順数を減らす。

2311      どこでも手に入るものを使う。

2312      同じ作業はまとめて行う。

2313      よく使うものは近く、あまり使わないものは遠くに置く。

2314      多少高くても近くの店で買う。

2315      「ながら」を有効に利用する。

2316      「困ってから動く」のではなく、あらかじめ手を打つ。

2317      「分類」に時間をかけない。

2318      小さな締め切りをつくる。

2319      必要なものは定価であっても買う。

2320      モノはこの世だけでしか使えない。

2321      自分で持たずに共有する。

2322      本・雑誌はフローデータである。

2323      手続きをなるべく避ける。

2324      多くの団体に所属しない。

2325      モノは常にメンテナンスする。

2326      シンプルな道具を使う。

2327      収納場所をむやみに増やさない。

2328      人は人、自分は自分。

2329      付き合いは悪くても仕方ない。

2330      夜討ち、朝駆けで時間を有効に使う。

2331      走りながら考えることもできる。

2332      不要なものをなるべく受け取らない。

2333      シールによる区別を活用する。

2334      見ない番組は録画しない。

2335      仲間わけをするとわかりやすい。

2336      紙は片面だけ使う。

2337      情報は1箇所にまとめておく。

2338      日用品は機会を逃さず買っておく。

2339      戻す場所がわかりにくいと戻さなくなる。

2340      探し物リストをつくっておく。

2341      新しく買った分だけ前のものを捨てる。

2342      待たされるのは時間のムダ。

2343      転記作業を半分にする。

2344      一冊の本に3つ「ためになること」があれば十分である。

2345      モノは持っているだけでコスト化がかかる。

2346      住まいは「自分を取り戻す」場所である。

2347      「才テク」はコストをかけない。

2348      楽観的になること。

2349      「適当」にやる。

2350      「間」を楽しむ。

2351      人の良い面を見るようにする。

2352      買い物のダンドリはまずリストアップから。

2353      日ごろの生活にはムダがたくさんある。

2354      品性は「強さ」から生まれる。

2355      良いものを長く大事に使う。

2356      面倒なことは小さいうちに片付ける。

2357      人づきあいは「見返り」を求めない。

2358      自己主張がないと断れない。

2359      相手が「キレる」前に手を打つ。

2360      必要以上にモノを持つと疲れる。

2361      「モト」はとらなくて良い。

2362      机、部屋を片付けると気持ちがすっきりする。

2363      時間はお金より大切である。

2364      タスクは実行日を決め、スケジュール化する。

2365      「先延ばし」は時間の借金である。

2366      モノに捨てる日付を書いておく。

2367      何のために段取るかを考える。

2368      「居合い抜き」のように毎回元の状態にもどす。

2369      「すべての人の役に立つ本」はない。

2370      フィーリングが合う本は残す。

2371      「しっかり自分を持っている人」は他人ともうまくやっていける。

2372      モノは「ここ一年間のうちに使うか」を基準にする。

2373      「考えること」「考えないこと」を決めてしまう。

2374      机の上はアナログ時計を置く。

2375      「相手が喜んでくれてうれしい」という気持ちを持つこと。

2376      「余分な情報」は雑音になるのでいらない。

2377      上司には、企画段階で一度相談する。

2378      デスクから「紙」と「ガラクタ」を追放する。

2379      相手の行動や考え方をコントロールしようとしない。

2380      いらない情報は元から絶つ。

2381      話してもわからない人に、貴重な時間とお金を浪費しない。

2382      「安心感」「安定感」「信頼」のある人になる。

2383      洗濯ものが乾くには時間がかかる。まず干してその間、何かをして待つ。

2384      人から言われたことは、すぐに返事を返す。

2385      システム手帳はインデックスで検索のスピードアップをする。

2386      システム手帳の中央には、差し替えの多いものを入れると使いやすい。

2387      システム手帳のとっさのときのたてインデックス。すぐに書き込みページを開ける。

2388      寝坊は普段より1、2時間だけにする。

2389      スケジュールは「アポイント」と「作業・タスク」に分ける。

2390      人のアタマを使ってしまう。

2391      絵は自分の感じたままに描けばいい。

2392      トレードマークのスタイルをつくる。

2393      15分1ユニットで時間を考える。

2394      わからないところがあってもとりあえず先に進む。そのうちわかるようになる。

2395      異なる科目を交互に組み合わせる。

2396      友人は数人いればよい。

2397      マンガの力を借りて一気にインプットする。

2398      まず緊急費をためる。

2399      割引・クーポン・ポイント制度を使わないこと。

2400      使えないものは捨てる。

2401      フリマに行かない。

2402      捨てないと決断が鈍くなる。

2403      ゴミ箱は大きくするのではなく、こまめに捨てる。

2404      スペースを広げると結局モノが増えるだけである。

2405      何が入っているかわからないものは捨てる。

2406      いらない情報を8割捨てる。

2407      必要なものがすぐに取り出せることが大切。

2408      モノを捨てないとスピードが遅くなる。

2409      モノがなくなるのは近くへ置き忘れていることが多い。

2410      安いモノはたくさん用意して、探す手間を省く。

2411      インプットからアウトプットへ。

2412      バッグインバッグシステムを使う。

2413      買い物は自分のペースでする。

2414      3年単位で生活を見直す。

2415      整理する時間はもったいない。

2416      モノは「生き筋」だけを残す。

2417      かさは一人3本まで。

2418      残ったものを片っぱしから片づける。

2419      目に付いたものから片づける。

2420      自分に合わないことは「やる」か「やらない」か決める。

2421      「使いにくいな」と思ったら、「使いやすいもの」を探す。

2422      やるべきことができていればそれでいいじゃない。

2423      安請け合いをする人はいらない。

2424      余計なおせっかいをしてくる人はいらない。

2425      「出会い」よりも「別れ」のほうが必要。

2426      ポイントは3つに絞る。

2427      行動する前に問題点をはっきりさせる。

2428      「もっとたくさん」から「もっと減らす」という考え方に変える。

2429      学ぶときは先入観を捨てること。

2430      「つまらない」と思ったらすぐにひく。

2431      苦手なことは人の手を借りる。

2432      いいコーチに短期間教えてもらうのが上達の近道。

2433      やることを手帳のToDoリストに書く。

2434      1日1つものを捨てる。

2435      役に立つ情報は英語で流れている。

2436      主体的に関わると何でも面白い。

2437      コピーライティング能力を高める。

2438      他人を認めること。

2439      情報はつまみ食いする。

2440      仕事に振り回されない。

2441      5分以内にできることはその場でやって永久に忘れてしまう。

2442      人の気持ちは変えられない。

2443      睡眠時間を削っても能率は上がらない。

2444      同時並行処理はタイムシェアリングシステムで行う。

2445      本は使うもの。

2446      大事なことは記録する。

2447      やりたくないならやらない。

2448      根回しをしておく。

2449      「ためになること」が「やりたいこと」なのか考える。

2450      すべての人に好かれなくてもいい。

2451      メーラビアンの法則を使う。

2452      手柄は人にあげる。

2453      1つ買ったら1つ捨てる。

2454      昼休み用のバッグインバッグを入れておく。

2455      たくさんのグラスを持つより、普段使いのクリスタル。

2456      ストックは適正量にする。

2457      未処理のメール、ファックスは朝一番に片づけてしまう。

2458      保管する書類はすぐファイルする。

2459      早くやるからのんびりできる。

2460      良い睡眠が大事、寝ている時間は無駄じゃない。

2461      納期は早めに設定する。

2462      ものごとは、3つずつグルーピングする。

2463      仕事は先行逃げ切り型で。

2464      根回しするなら会議は要らない。

2465      まずいつやるかを決める、どうするかは後からついてくる。

2466      やりたいことから始めよう。

2467      「努力」でなく「アウトプット」が大切。

2468      「なるほど」「そうですね」「はい」。

2469      100を知っていてやっと1を教えられる。

2470      上司は「スタンパー」、承認させる、印を押させる。

2471      口を挟むべきでないところにははさまない。

2472      誰にでも好かれるようにしない。

2473      「争う気持ち」があると自分のペースを見失う。

2474      強すぎるリーダーはチームを自滅させる。

2475      人には何かとりえがある。

2476      人は必ず優れているところがある。

2477      物事は図解してみる。

2478      作業は「歯みがき」のようにスキルベースにおとす。

2479      本は一期一会、その場で読む。

2480      あなたがやらずに誰がやるのか。

2481      ワンランク上の持ち物を持つ。

2482      相手にボールを早く返す。

2483      上司に「大丈夫です」と言い切る。

2484      手帳を常に見ること。

2485      人の原稿に「赤入れ」をしないで「青入れ」をする。

2486      時間の主となること。

2487      逆残業で自分の時間をつくる。

2488      アポ、連絡、メールは8時前に済ませる。

2489      何事も15分で決断する。

2490      フレームワークを学ぶ。

2491      一件、一葉で。

2492      地図はどんどん書き込みをする。

2493      引き出しはゆとりを持って入れる。

2494      わかる情報、理解できる情報だけ残す。

2495      専用の電話・伝言メモを使い、ミスを防ぐ。

2496      整理のためのデータ入力は時間の無駄。

2497      整理は「出口のないバケツ」ではなく「出口のある蛇口」のイメージでする。

2498      オフィスを歩かないですむように設計する。

2499      不意のスキマをうまく使う。

2500      ブランドに一貫性を持たせる。

2501      ブランドは得意分野でつくる。

2502      木曜日までに相手に投げて段取りをつけ、金、土、日でものごとが動き、月曜日から自分が動ける。

2503      モノはなるべく使いまわす。

2504      人の悪口を言わない、聴かない。

2505      心の中から不安・心配をなくす行動を取る習慣をつける。

2506      増やさない仕組みをつくる。

2507      「とりあえず、この3つ」というフレームをつくる。

2508      本のノウハウは鵜呑みにしないで試してみる。

2509      レッテルを利用する。

2510      自分の強みを武器にすること。

2511      年中行事はあらかじめスケジュールをブロックする。

2512      マイナスの言葉を使わない。

2513      スケジュールは一元化する。

2514      自分とのアポイントやスケジュールも予定に入れ、作業時間をつくる。

2515      ポストイットは順番を入れ替えられる。

2516      時間の貯金「貯時間」をしよう。

2517      スキマ時間にやること。片付け整理、捨てること、つくること、掃除、準備、電話、メール、ファイルなど。

2518      人の話を聞くときは必ずメモを持つ。

2519      手帳で自分の人生をコントロールする。他人に左右されない生き方をする。

2520      手帳で自分の行動パターンをつくっていく。

2521      手帳には「スケジュール作成時間」を入れておく。

2522      手帳のフォーマットは自分の使いやすい形につくってしまう。

2523      手帳のスケジュール欄に「アラート」マークをつけておくとよい。

2524      手帳のスケジュール欄は日・月の曜日感覚が自分に合ったものを使う。

2525      スケジュールの変更は「見せ消し」にする。

2526      書類の整理はホチキスを上手に使う。

2527      書類をファイリングしておくと、なくさない。

2528      アポイントは○時、○時30分ではなく、○時15分、○時45分などにすると待たされない。

2529      大きなタスクは、早くてをつける。

2530      「やりなおし」をしないですむようにする。

2531      後でやってもかかる時間は同じ。

2532      リマインダーを生活の中に上手に取り入れる。

2533      携帯メールでスケジュールをリマインドする。

2534      時間はスーツケースにものをつめるのと同じである。つめ方で入れられる量がかわる。

2535      スキルベース、ルールベースに落とし込んで効率をあげる。

2536      確認の必要がないように段どりをする。

2537      必ずメモをとる。

2538      紛らわしいものは捨てる。

2539      探し物をしないように工夫する。

2540      道具は使いやすいものを使う。

2541      忘れないうちに手に入れる。

2542      必要以上に気を使い過ぎない。

2543      問題は時間がたつと大きくなる。

2544      「時間のゆとり」を買う。

2545      待ち合わせ時間は0分、30分ではなく、15分、45分にする。

2546      定型処理はツールをうまく活用する。

2547      モノにも命があるので、きちんと使い切る。

2548      自分にメールを送って、忘れないようにする。

2549      手紙・メールはフローである。

2550      銀行・郵便局に行かなくても良い仕組みをつくる。

2551      覚えるべき番号を減らす。

2552      細かいタスクに分解して作業をする。

2553      「本を買うこと」は「人の時間を買うこと」である。

2554      整理グッズを増やさない。

2555      人の恨みを買わないようにする。

2556      好みを人に合わせない。

2557      ケアする対象を減らす。

2558      走りながら投げることもできる。

2559      「おまけ」はもらわない。

2560      書類にはテープ・のりは使わず、ホチキスを使う。

2561      アクセスに時間のかかるメディアは使わない。

2562      一枚の紙に複数の用件を書かない。

2563      情報には日付をつける。

2564      ストックを1つ持っておくと、次にいつ買ってもいいので、ゆとりができる。

2565      戻す場所が遠いと戻さなくなる。

2566      オリジナルがあるモノはコピーを捨てる。

2567      一定量を超えたら捨てる。

2568      決裁のハンコの数を半分に減らす。

2569      チェックは一度で済ませる。

2570      「その忙しさに価値があるか」考える。

2571      モノは捨てるときもコストがかかる。

2572      モノではなく、自分が主役の家づくり。

2573      「メルマガ」には全部書かない。「これから先はHP・著書で」。

2574      将来のビジョンを明確にすること。

2575      「捨てること」に慣れる。

2576      旅そのものを楽しむ。

2577      「時間不足」は「時間不足感」である。

2578      一日のうちで無駄な時間がどのくらいあるか考える時間を持つ。

2579      感情をできるだけコントロールする。

2580      「自分流」は基本があってこそのものである。

2581      決断を早くする習慣をつける。

2582      「ダメ」と言わないようにする。

2583      誠実でありたければ「NO」と言う。

2584      ヤマアラシカップルを見ならう。

2585      「シャーボ」は自分の基準で「シャープペン」に分類しても「ボールペン」に分類してもよい。

2586      「いるもの」だけを手に入れる。

2587      すべてのことに無理に対処しない。

2588      計画を立てることにより、ロスタイムをなくす。

2589      タスクの実行は前倒しで行う。

2590      まずは書類の一枚目だけ読む。

2591      スペースがいっぱいになったら捨てる。

2592      気になることはすべてタスクリストに入れる。

2593      1メールにつき1案件とする。

2594      モノが潤沢にあるとムダ使いをする。

2595      自分にとって意味がない本でも批判はしない。

2596      「手段」や「プロセス」は途中で変更しても良い。

2597      再度手に入るものは捨てる。

2598      アイデア、プランは紙に書き出す。

2599      大きな仕事・プロジェクトはフローチャートで整理する。

2600      「出たとこ勝負」はできるだけ避ける。

2601      情報を一旦すべて集めてから作業に取り掛かる。

2602      書類を読むのは「一度だけ」と決める。

2603      雨の時こそじっくりものを考える。

2604      「ダメなヤツ」と思ったら、積極的な活用法を考える。

2605      「過去に決心したこと」は今やめてもいい。

2606      自分が向いた方向にハンドルは切れる。

2607      時計は軽さで選ぶ。

2608      あるがまま、身の丈で、背伸びをしない。

2609      「鏡の中の自分」は本当の自分を良く知っている。

2610      お金を活かす使い方をする。

2611      「今」を生きれば、明日は「いい日」。

2612      「ないものねだり」はしない。

2613      たとえ家のカギを閉め忘れても、泥棒に入られる可能性は低い。

2614      「まわりはライバル」ではなく「仲間」だと考えよう。

2615      「嫌い」だと思っている相手は、実は自分に似ていることが多い。

2616      目指すところは、「スマート」「エレガント」「ジェントルマン」。

2617      パソコンの画面わきに、アナログ時計を吊り下げておく。

2618      感情は複雑に絡み合わないうちにほどく。

2619      モノは手に入れた途端に価値が下がる。

2620      相手のペースにはまらない。

2621      つらい時は、懐かしい曲を聴く。

2622      風向きはコントロールできない。

2623      レストランでは、相手に合わせず、自分の好きなものを注文する。

2624      プレゼントは「もらうもの」ではなく、「贈るもの」である。

2625      「持ち物のブランド」はすべて「自分ブランド」の傘下におさめる。

2626      企画力があると相手に思わせる。

2627      財布は薄さで選ぶ。

2628      「今日も1日のんびりいこうよ」と思うようにする。

2629      未来は自分の中にある。

2630      相手に「サービス」するのではなく、「もてなす」「貢献する」。

2631      四季を楽しむ。

2632      なりたい人のまねをしてみる。

2633      第一問目が解けなければ、次の問題に進めばよい。

2634      相手をうらやましがって悪口を言うより、仲良くなって教わろう。

2635      「嫌い」だと思っている相手は、実は大きな関心を持っていることが多い。

2636      話す時は、「どれだけ自分が知っているか」ではなく、「どれだけ相手がわかるか、伝わるか」で考える。

2637      デスクマットの下には何も入れない。

2638      心が元気でないと、人の物言いが気になる。

2639      モノは「手に入れること」自体が楽しい。

2640      話す時は、まず相手を先に「木に登らせる」こと。

2641      「まずまずのデキだな」と自分をほめてあげること。

2642      川の流れは逆流することはない。

2643      「いくら気を遣っても、見返りはない」と考える。

2644      「立ち止まる」よりも、「流してでも走り続ける」方がいい。

2645      「とりあえずそこ」に置かない。

2646      話がうまい人だと思わせる。

2647      コートは軽さで選ぶ。

2648      「面倒くささ」を楽しむ。避けることができないのであれば、いっそのこと、楽しんでしまおう。

2649      コップに最初から勢いよ水をく注ぐと、「こぼれる」。

2650      否定語は使わず、肯定語を使う。

2651      動かなければ、「風」は起こらない。

2652      「うまくできたね」と口に出して言う。

2653      10分探しても見つからなければ、次の日に探す。

2654      ライバルがずっと先を走っていても、自分は自分のペースを守って走ろう。

2655      嫌な相手とは、自分の側に問題があることが多い。

2656      数字で考えるとわかりやすい。

2657      「アクティブローテーション+1」で着回しをする。

2658      悪い感情は「心のゴミ」に宿る。

2659      モノは手に入れた途端に「欲しいもの」ではなくなる。

2660      「話したいおばけ」に気をつける。

2661      気の合わない人も、「そんなに悪いヤツじゃない」と思う。

2662      風向きが悪い時は「時間ができた」と考えよう。

2663      言葉に出さなければ、決して相手には伝わらない。

2664      思いついたことを「言葉」にして口に出して言ってみる。そして、自分の耳で聴いてみる。

2665      習慣であっても、どんどん変えればよい。

2666      靴は軽さで選ぶ。

2667      「ティータイム」と「コーヒーブレイク」を楽しむ。

2668      柳の木の枝は折れない。

2669      相手の使っている言葉に合わせた言葉を使う。

2670      解消しない渋滞はない。

2671      「結構イケてるね」と口に出して言ってみる。

2672      限られた時間のなかでは、「できること」から手をつけ、「できることだけ」をやる。

2673      自分の中にいろいろな一面をつくっておくこと。

2674      いくらきれいに手を洗っても、雑菌がゼロになることはない。

2675      人の話を聴く時は、「相手の目的」と「相手が期待していること」を考える。

2676      自販機で缶の飲み物は買わない。自販機は便利でツイ買ってしまうが、250ミリ、350ミリと量が決まっている。飲み切らないといけないので、自分で調整できるペットボトルなどにする。

2677      敵味方でものごとを考えないこと。

2678      香水よりも清潔感が大切。

2679      「データマン」にならないように気をつける。

2680      相手にイライラしているときは、用件だけで関係を済ませる。

2681      「おやつ」「おかわり」「おおもり」をやめると食事が美味しくなる。

2682      友人には「今まで考えもしなかったが、実はこういう生き方をしたかったんだ」という生き方を提案したい。

2683      「話がまとまらなくても困らない」と考える。

2684      「あの人はクールだ」と思わせる。

2685      カバンは軽さで選ぶ。

2686      後継者に「この仕事たいへんだな」と思わせない。人に仕事を引き継いだ時に、後継者に「この仕事たいへんだな」と思わせたら、自分の工夫が足りなかったと思うこと。

2687      「できる人」は机が小さい。

2688      相手の「辞書」に合わせて話す。

2689      混んでいても、電車は必ず目的の駅に着く。

2690      いきづまったら「発散」する。

2691      優先順位の基本は、「捨てる」「あきらめる」こと。

2692      思い切って、人に甘えてみる。

2693      「完璧」を目指すと「失敗」の数が激増する。

2694      「バリューブランド」ではなく「プレミアムブランド」をつくる。

2695      缶の飲み物は買わない。飲みたい分だけ飲めるペットボトルなどが便利。

2696      感情のコントロールには「技術」が必要である。

2697      コーヒーをドリップする時に、「香り」に集中し、すべてを忘れる。

2698      「お金に働いてもらう」ようにする。

2699      人とは「わかり合える部分」だけつき合えばよい。

2700      単純に考えると「不機嫌」にならなくて済む。

2701      「相手の希望を聞く」だけでは、「それを超えるもの」は提供できない。

2702      責任者・リーダーは、現場に一番早く着くこと。

2703      「あの人は凝り性だ」と思わせる。

2704      持ち物は軽さで選ぶ。

2705      失敗は「次への糧」と思えばよい。

2706      朝、嫌なことがあったら、「これで今日一日の厄払いができた」と考えよう。

2707      「朝の空気」を楽しむ。

2708      時間を買って、「シンデレラ」になろう。

2709      「いきづまる」とは、「行き詰る」「息詰る」「生き詰る」である。

2710      効果が上がらないときは、アプローチの方法を変えてみる。

2711      感情に支配されると、認知や判断が狂ってしまう。

2712      グレーゾーンをうまく使う。

2713      ブランドは相手に対する「約束」である。

2714      ソアラは「自動車」ではなく、「ライフスタイル」を提供していた。

2715      悪い感情は「つくらないようにする」のではなく、「追い出す」。

2716      嫌なことがあったときは、指をスナップして忘れる。指をスナップすることを合図に忘れるよう習慣づけると、やがて慣れてきて、本当に忘れる儀式となる。

2717      「お金」を活かす使い方をする。

2718      人を「敵と味方」に分けない。そんなものは存在しない。

2719      「起きている事柄はすべてこれでいい」と考える。

2720      「結論」は相手に選ばせる。

2721      「小さなやりとり」をする相手を大切にする。

2722      「あの人は家庭的な人だ」と思わせる。

2723      汁物やソースものを食べたい日はネクタイやシャツはいい物を着ない。

2724      「乗り越えられなかった課題」は過去に1つもない。

2725      「お金で解決するような人間」にはなりたくない。でも、「お金で解決されるような人間」には、もっとなりたくない。

2726      動き出せば何とかなる。

2727      エンジョイハックスで「シンデレラ」になろう。

2728      疲れた時はレストランでとびきりいい食事をする。

2729      「過去をあきらめる」と楽になる。

2730      感情の悪循環を断ち切る。

2731      「黄色信号」があるからうまくいく。

2732      ブランドとは、「モノづくり」ではなく「コトづくり」である。

2733      「靴」と「車」は「足まわり」をきれいにしておくこと。車はボディだけではなく、タイヤとホイールをきれいにしておくと美しく見える。靴も表面だけでなく、アウトソールをきれいにしておくと美しく見える。

2734      感情処理の「しくみ」をつくる。

2735      自分に暗示をかける。私は、「父からもらったミズノのシューズを履けば、11秒台で走れる」など。

2736      「使いこなせる金額」はたかが知れている。

2737      苦手な人には自分からあいさつすると良い。

2738      人に伝える時は、「言い方」を考える。

2739      相手のタイムリミット直前で交渉する。

2740      登り坂は、まわりの人よりも「少しだけ」がんばる。

2741      「あの人は合理的な人だ」と思わせる。

2742      コピーする前に、必ずコピー機のリセットボタンを押す。

2743      自分の「受信トレイ」は常にカラにしておく。

2744      お金に働いてもらおう。

2745      「変化」を楽しむ。

2746      一日の終わりには、自分をほめてあげよう。

2747      疲れた時は、子供時代の懐かしい場所に行く。

2748      「過去は変えられない」が「未来には選択肢がある」。

2749      人からの「ほめ言葉」を素直に喜ぶ。

2750      自分の居場所はいくらでもある。

2751      「ステルスウェルス」がかっこいい。

2752      感情の高まりは必ずおさまる。

2753      「3」「5」「7」「10」でまとめる。ポイント、法則、選択肢、提案、まとめなどは、「3つの…」「5つの…」「7つの…」「10の…」と提示すると相手はわかりやすい。

2754      「選択の基準」「行動の基準」「言動の基準」を決める。

2755      電車の中は「私の書斎」。

2756      「要る」もの以外は「要らない」。

2757      楽しいことで心を一杯にすると、嫌なことが自然と出ていく。

2758      相手のデッドラインギリギリのところで、切り札を出す。

2759      ライバルにはやさしく接する。

2760      相手に「データが得意だ」と思わせる。

2761      「今日も1日のんびりいこうよ」と思うようにする。

2762      満員電車だと思っても、車両を選べはすいているところもある。

2763      使いこなせる金額はたかが知れている。

2764      「お気に入り」は「モノモノランド」へ。

2765      片っぱしから自分の「いいところ」をみ見つけて口に出してみる。

2766      疲れた時は歌をうたう。

2767      「失敗」を認めた上で状況を立て直そう。

2768      好きな人の短所は長所に見える。

2769      もうこれ以上モノも情報も相手しきれない。

2770      「着たきりすずめ」でイメージ創りをする。毎日同じような服を着ているふりをして、似たデザインの服を着まわし、それをイメージにする。

2771      悪い感情に心を占領された時は、心の窓を開け放つ。

2772      自分の行動すべてが「オープン」になっていると思って行動すること。

2773      「デメリット」よりも「メリット」について語る。

2774      つらい時は、思いっきり泣ける映画を観て洗い流す。

2775      いい風が吹くのをじっと待つ。

2776      「自分の人生、そんなに悪くない!」。

2777      相手と自分の「スピード感」は違うと認識する。

2778      「判断」(経験したものを決める)と「決断」(未知のものを決める)を区別して考える。

2779      「実を取る」人間だと思わせる。

2780      ゴミ箱を大きくするのではなく、こまめに捨てて、空にしておく。

2781      人には「モノ」ではなく、「コト」を提供する。

2782      「嫌なこと」に過剰に反応しない。

2783      「自分」をいつも持ち歩く。

2784      ものごとは「足りない」くらいで丁度いい。

2785      「よくわからない」から不安になる。

2786      ネクタイやハンカチは所詮「布」である。ブランドにこだわらず、自分の好きなものを使おう。

2787      すべてのことを「自働化」する。

2788      「話が早い人」と思わせる。

2789      「こだわり」を統合して単純化する。

2790      オフィスアワーを決めて、周知しておく。

2791      有言実行をこころがける。

2792      嫌な時は黙って立ち去ること。

2793      迷った時は口に出して言ってみる。

2794      「ピットイン」と「ピットアウト」をコントロールする。ものごとを進める時も、人生においても、ピットインが不可欠である。タイミングを見極め、そして、ピットアウト後の展開や組み立てをどうするかで、ピットインの効果が大きく違ってくる。

2795      「不安」への最大の武器は「なるようにしかならない」「それしかできない」である。

2796      悪口を言いたくなったら、笑顔で笑い飛ばす。

2797      すべてのことを「仕組み化」する。

2798      「交渉力がある人」と思わせる。

2799      一枚一枚の紙は薄くて厚みがわかりにくい。でも、何枚も重なると、本になる。

2800      会話では、相手との間合いをはかる。

2801      自分の持っているノウハウは、人に惜しみなく教えよう。

2802      勝手に貼られたレッテルなんて、すぐにはがれる。

2803      不安な時は、声に出して言ってみる。

2804      「自分がどう思われているか」より「自分がどう思うか」と視点を変えると不安がなくなる。

2805      怒りは時間がたてば、自然に消えていく。

2806      「怒り」の感情は、「広い場所」や「大きなもの」を利用して消す。

2807      なるべくパソコンは使わない。

2808      「あの人に頼めば何とかなる」と思わせる。

2809      「一日何もしない」ということは、「何も書かれていない白い紙を積み重ねる」ようなものである。やがて「白紙の本」ができあがる。

2810      「二度目はない」と考えよう。ワンチャンスである。

2811      落ちているゴミは拾う。

2812      ストックの準備は前もってする。ストックがなくなってから次の準備をすると、「とりあえず間に合わせ」のものを買ってしまうことが多い。

2813      賞味期限のあるストックは持たない。

2814      「できないこと」「できていないこと」に注目するのではなく、「やってきたこと」「できたこと」に注目すると不安がなくなる。

2815      「怒りを継続すること」は難しい。

2816      人とは「考え方」や「気分」が違うと割り切ろう。

2817      なるべく手帳や携帯で済ませる。

2818      散歩は「手ぶら」で。

2819      人生は一度しかないゲームのようなものである。

2820      洗面所は、使った後のひと拭きをしておくとよい。

2821      長く大切に使えるものを選ぶ。

2822      「知識」には賞味期限があるが、「知恵」には賞味期限がない。

2823      「できないこと」は捨てる。

2824      「怒りにまかせる」ことは決してしない。

2825      「腰が低い」と怒りが入り込む余地がない。

2826      道具・身体・家・服などのメンテナンスはなるべく専門家に任せる。

2827      散歩の時は上を向いて歩く。

2828      人生に「リセットボタン」はない。

2829      情報は新鮮なうちに処理をする。

2830      「人生」持ち歩けるツールを持つ。

2831      操作感のないボタンやスイッチは、「ヒューマンエラー」を起こしやすい。

2832      「やることはやった」と自分に何度も言い聞かせると不安がなくなる。

2833      「根に持つ」気持ちに悪い感情はすみつく。

2834      疲れた時は、「懐かしい場所」に行ってみる。

2835      「前向きな人」だとまわりに思わせる。

2836      時には実家で過ごし、「原点」を想い出す。

2837      人生ワンチャンスである。「次がある」と考えると真剣になれない。

2838      直らないことは気にしないこと。

2839      「やりたいこと」を明確にすると、「やること」が決まる。

2840      メンタルワークロードを極力減らす。

2841      「不安」は「夕方の影」と一緒である。実体よりも大きく見えるだけである。

2842      「怒る」前に相手の感情を分析すると楽になる。

2843      文書をメールで自分宛に送って使いまわす。

2844      「明るい人」だとまわりに思わせる。

2845      「自分を変える日」を意識的につくる。

2846      とにかく「落ち着け!」。あせると必ず悪い結果を導く。

2847      孤独を楽しむ。

2848      自分をしっかり持っていると、協力者、賛同者があらわれる。

2849      プロシージャーの数を減らして、ヒューマンエラーを防ぐ。

2850      不安な時でも「できること」をやり続けること。

2851      相性の悪い相手にはていねいに話しかける。

2852      ひらめきメモを自分宛にメールする。

2853      「都合のいい人」にはならないようにする。

2854      「習慣を変える日」を定期的につくる。

2855      自分で「人生の節目」を意識的につくる。

2856      「どうでもいいこと」は大目に見る。

2857      登り坂では、人より「少しだけ」がんばってみる。

2858      できるだけスキルベースに落として作業する。

2859      不安な時は、「不安の理由・原因」を3つ紙に書き出してはっきりさせる。

2860      たとえ土曜日、日曜日が仕事でも、「週末は週末」として楽しもう。

2861      ものごとをなるべく「フロー化」する。

2862      「理屈っぽい人」と思わせる。

2863      複数のラインを統合して単純化する。

2864      主義・主張に目くじらを立てずに、共通するところを見つける。

2865      常に解決方法を探す。

2866      メールチェックの時間を相手に伝える。

2867      使い切ってから次のモノを手に入れる。

2868      モノって「なくても大丈夫」なものが多い。

2869      言葉にしないと相手には伝わらない。

2870      今までの人生経験すべてがコンテンツである。

2871      最初に始めることが大切である。

2872      「何とかなりそうだ」と声に出して言う。

2873      電話対応のコア時間を決める。

2874      緊急メールはその旨を明記してもらう。

2875      「こだわり」を減らすと「自由度」が増す。

2876      生まれてくる時も死ぬ時も、手には何も持っていない。

2877      たまに家族と外で食事をしてみる。

2878      「道具における自分」をしっかり持つこと。

2879      知ったことは使ってみる。使ってみて良かったら人に教える。

2880      「大したもんだ」と声に出して言う。

2881      電話は、自分が直接受けられる番号を伝える。

2882      書類は一件一葉にしてほかの案件と混じらないようにする。

2883      「ふところ」は「底なし」にしておく。

2884      モノとは「生きている間だけ」のお付き合いである。

2885      家族が増えると「楽しみ」が増える。

2886      毎日の生活が充実していると、不思議と買い物したくなくなる。

2887      夢は実現させてこそ「夢」。

2888      好みを人に押しつけないこと。

2889      なるべく電話をかけないようにする。

2890      校正は「一発校了」を目指す。

2891      「度量はブラックホール」のようにしておく。

2892      「使い切ること」を楽しむ。

2893      どうにもならない時は、「笑う」しかない。

2894      暮らしが充実していると、モノが欲しくなくなる。

2895      「小さなレディ」を大切に扱うこと。

2896      「そのくらいで済んでラッキーだった」と考える。

2897      なるべく電話をもらわないようにする。

2898      初校は完璧にする。

2899      「8割を見せる」か「8割に見せる」か。あまり謎が多いと警戒される。自分のキャパが十分に大きければ「2割」だけ見せて「8割分」に見せることができる。

2900      モノは十分に使いきって、「モノモノランド」へ送ってやる。

2901      行き詰ったら笑い飛ばそう。

2902      「した方が良い」ことは、するかしないか自分で決める。

2903      「マナー」「モラル」「ルール」を意識的に使い分ける。

2904      相手に自分とのアポイントの取り方を知らせておく。

2905      年間スケジュールを相手と共有する。

2906      とりあえず乗り切れれば「それでよし」とする。

2907      とりあえず、「なしで済ませて」みる。

2908      いつでも「人のためになること」はできる。

2909      趣味以外では、メンテナンスにテマヒマかかる道具は使わない。

2910      自分の行動は他人任せにせず、自分で決める。

2911      アポイントなしの面会は受けない。

2912      上司には企画や書類を「15%引き」で提出する。書類や企画書などを上司に見てもらう時は、アドバイスや訂正などの分15%の余地を残して提出する。10%では気が付かないかもしれないし、20%では多すぎる。上司はアドバイスしたいものである。

2913      ポイントカードの魔力に負けないこと。

2914      今まで「あたりまえ」に使っていたものをやめてみる。

2915      さりげなく手をさしのべよう。

2916      キャラを無理につくらないこと。

2917      「ひどい天気」の日はない。それなりに何とかいける。

2918      不在時の電話は、かけ直しではなくメールにしてもらう。

2919      「記憶」を「記録」で補う。

2920      「今って、結構いい状況」と思うこと。

2921      「モノを減らす理由」をあれこれ考えてみる。

2922      相手が本当にして欲しいことをしてあげよう。

2923      キャラは「等身大の自分」にする。

2924      「人生の一コマ」を楽しみ、味わう。

2925      こちらから電話して、相手が不在のときは、「コールバック不要」と伝える。

2926      選択肢が少なければ、迷わずに済む。

2927      家中にカレンダーがあると、月末にめくるのが大変である。

2928      「モノを管理しなくていい自由」を味わう。

2929      なるべく自分から働きかけよう。

2930      家から駅まで3人の知り合いをつくる。

2931      スケジュールのリマインダーを相手に出してもらう。

2932      子どもの頃は「今」を生きていたはず。

2933      話し合いは「いたみわけ」にする。

2934      人生は「ゲーム」である。人生は、自分が持っている能力、経験、運、勘を駆使し、今ある環境、条件を最大限活かし、アクティブにそして気楽に楽しむゲームである。

2935      人の役に立つためなら見栄はいらない。

2936      相手の期待を上回るレスポンスをする。

2937      「上質な生活」を送る。

2938      用が足りない道具は使わない。

2939      朝のひとときを楽しむ。

2940      8月31日も他の日と同じ「一日」である。

2941      「自然と一体化する時間」をもつ。

2942      自分の中の「自由人」を解放する。

2943      空き時間は、頭を自由にフル回転する。

2944      朝は最初にまず笑顔。自分に笑顔、家族に笑顔、みんなに笑顔。

2945      正解は1つじゃない。

2946      資料は「読む」のではなく「汚す」。

2947      人生はステージある。人生は、今自分が持っているものをすべて出し切るステージである。そのための稽古や勉強、努力が必要である。

2948      気がつかれないように相手の役に立つこと。

2949      相手から見て、「自分自身がブランド」となる。

2950      自分が車なら、目指すは「大人のラグジュアリースポーティーセダン『ソアラ』」。

2951      「成り行きに任せる」ことを楽しむ。

2952      「静けさ」を味わう。

2953      時間と紙は積み重なると厚みが出る。

2954      美味しいコーヒーを分かち合う楽しみを持つ。

2955      心の中はいつでも自由だ。

2956      時間の目盛りは自分で決めればよい。

2957      「変わること」は決して「悪いこと」じゃない。

2958      答えは自分が創るもの。

2959      鏡の中の自分と対話する。

2960      サイバースペースは客観的な時間・空間・質量・お金を無形にし、主観的な時間・空間・質量・お金を創り出す。

2961      できない約束はしない。

2962      「レモン」から「レモネード」をつくる。

2963      「続ける」のではなく「習慣にする」。歯みがきと一緒である。

2964      あるもので間に合わせる工夫をする。

2965      「涼しさ」を味わう。

2966      どんな所でも「住めば都」、愛着がわく。

2967      子どもの成長は一期一会、その日の子どもはその日だけ。

2968      折りたたみ傘を使うと、行動がアクティブになる。

2969      知恵を集めて多くのことを解決する。

2970      人生は微分積分

2971      「ハッタリ」は十分に準備した者だけが使える。

2972      コミュニケーションは、「連帯感」と「一体感」である。

2973      すべて「水際」でくい止める。

2974      必要な情報はみんなで共有する。

2975      「自分が見つけた価値」を大切にする。

2976      読書は地図と一緒。人生の道を示す。

2977      家族には積極的に関わる。

2978      コーヒーを入れる時間自体を味わう。

2979      人は話しているうちに仲良くなる。

2980      晴れた朝は「晴れて気持ちいいね!」と声に出して言う。

2981      カバンの中に「折りたたみ傘用ビニール袋」を入れておく。

2982      情報発信はターゲットを絞り込む。

2983      人生は一瞬の積み重ね。

2984      ハッタリ1割!。

2985      矛盾を指摘されたら、相手と一緒に確認する。

2986      人生は「フロー」である。

2987      相手を決して追い詰めないこと。

2988      車は「洗車+ガソリン満タン」で返す。

2989      リーダーは孤独を糧にする。

2990      子どもとは正面から向き合う。

2991      家族の「わずらわしい事柄」を楽しむ。

2992      人は「見た目」で判断している。

2993      高い視点で見ると、自分の世界は小さい。

2994      どんな相手にも「等身大の自分」を見せる。

2995      人が「これいいな」と思うモノを使う。

2996      人生は旅のようなものである。そして、自分は旅人。

2997      「ノー」は最後まで「ノー」である。

2998      相手と一緒に解決策を考える。

2999      生活を「フロー」にする。

3000      「疲れない生き方」を伝えたい。