enjoyhacks’s blog

時間は命

エンジョイハックス(enjoyhacks)5000

4001      人生の「フェーズごとのテーマ」を決める。

4002      言葉を大切にしよう。

4003      そのモノを使うのをやめてみて不便がなければ「いらないモノ」である。

4004      使っていてストレスを感じるものは他のモノに変えてみる。

4005      「メール」って、なくてもそんなに生活に困らない。

4006      人を「思い通りに」動かそうとしないこと。

4007      「何が幸せなのか」は自分自身が決めること。

4008      雨上がりの朝は、木々も草花も生き生きとしている。

4009      スケジュールは「自分のため」にたてる。

4010      自分だけでなく、相手にとっても「良い話」をする。

4011      健康はある程度自分で選択することが可能である。

4012      年度の初めは何かを始めるチャンスである。

4013      関わっている市場のリサーチを十分におこなう。

4014      「天」を見上げる前に、まず「地」を見つめてみる。

4015      人生を楽しむために時間をどう使うか考える。

4016      「悪い言葉」を使っていると、行動や心も悪くなっていく。

4017      ものごとは「小さなささくれ」のうちに手当てしておく。

4018      「くさび」は一秒でも早く打ち込む。

4019      「出口」は次の世界への「入口」。

4020      「こだわり」はテマ・ヒマ・カネを浪費する。

4021      お金で買えるようなステータスはいらない。

4022      人生で「本当に必要なモノ」は本当に少ない。

4023      人は生きているだけで、他人にテマ・ヒマをかけている。

4024      「やりたいこと」にいくらかかるか考えてみる。

4025      人の力を借りて「分身の術」を使おう。

4026      自分の「店じまい」をどうするか考えておく。

4027      モノを「奥にしまう」ことは「捨てずに捨てる」ことと同じである。

4028      電話を一本断れば、10分長生きしたのと同じことである。

4029      ビジネスとプライベートで共用できる靴を選ぶ。

4030      洗面所の使い勝手を良くすると時間が格段に増える。

4031      今すぐやらないと、もう二度とできないかも知れない。

4032      自分のオリジナルフレーズを持つ。

4033      ものごとの中には、放って置くと時が自然に解決してくれることもある。

4034      動きながらチェックする。

4035      「人からの批判」は「問題点の指摘」と考える。

4036      生活の「雑草取り」は毎日やる。

4037      組織を通じて、人々に貢献できる仕事をする。

4038      「総論賛成、各論反対」ではなく、「総論賛成、各論修正」にする。

4039      子どもから学ぶ。

4040      「まだ誰も来ていない舞台裏」をひそかに楽しむ。

4041      「疲れをとる」のと「掃除をする」のは似ている。週末、年末の大掃除よりも、「少しずつの日々の掃除」が大切である。

4042      ピンチの時は、いつもと違う手段・方法を使ってみる。

4043      いつも「自然体」でいるよう心がける。

4044      「不要なこと」はしない。

4045      子どもの成果をどんどんほめよう。

4046      外国語は本当に学びたいものだけを学ぶ。

4047      大切な書類は一ヶ所に集めてアクセスしやすいようにしておく。

4048      ストレスを感じたら青空を見上げる。

4049      「アクティブスマート」を心がけよう。

4050      「悪い言葉遣い」は心をむしばむ。

4051      「信頼」は相手に強要するものではなく、自然に生まれるものである。

4052      まず自分自身を信頼する。

4053      ちょっと融通をきかせ、柔軟な対応をとると「スペシャル」になる。

4054      「答え」はすでに「自分自身の中」にある。

4055      「誰かがやる」と思ったことは「誰もやらない」ので、自分でやろう。

4056      他人の家の中のことはわからない。お互いそれでいい。

4057      スローガンは「うれしい!」「楽しい!」「幸せ!」

4058      「うろたえるな、みんな同じだ!」

4059    やることが多いときは、身支度や身のまわりのことから順々にこなしてけばいい。

4060      「万事休す」になったら、積極的に休んでしまえばいい。

4061      考えても仕方がない状態の時は、「手」を動かす。

4062      やるだけやったら、あとは結果を待つのみ。

4063      ドアに向かいつつ、手はカギを用意する。

4064      エレベーターでは、ボタンを押す順序を考える。

4065      「何かたいへんなこと」が起こったら、まず一度「他人ごと」として冷静に、客観的に受け止めてみる。

4066      がんばってコトを動かし始めると思ったより動くものである。

4067      あせってしまったら、まずやることを片っぱしから紙に書き出して全体像・総量を把握する。

4068      がんばっていると必ず「助け舟」がやってくる。

4069      「時間の女神」は「勤勉な者」にやさしく微笑む。

4070      情報は「発信した人により多く集まる」習性がある。

4071      「ことば」はその人自身ををあらわす。

4072      時には「人生の終わり」のことについてじっくり考えてみる。

4073      「面倒くさい」という病は、一度とりつくと心と身体をどんどんむしばんでいく。

4074      「人づきあい」は3年単位で見直す。

4075      「モノを持つ」ということは、「そのモノを守る」ということ。

4076      なるべくパソコンを使わない生活をしよう。

4077      予約は朝一番に入れると、待たされずに済む。

4078      一分あれば、たいがいの確認ができる。

4079      30秒あれば、玄関の靴をそろえられる。

4080      ストレスを感じたら、大きな木を見る。

4081      「いけないこと」は「いつでも」「どこでも」「誰にでも」いけないと子どもに伝える。

4082      あいことばは、「うれし!たのし!はっぴー!」。

4083      名言は一期一会、自分に合うか否か。

4084      イチョウは黄色と緑、もみじは赤と緑、それぞれの色があってこそ紅葉は美しい。

4085      「どうにもならない状況」は「ムリにどうにかしよう」としない。

4086      「何とかする!」と思うと「何とかなる」。

4087      「焦燥感」にさいなまれた時は、それを紙にすべて書き出してみる。

4088      「解決ができない課題」は存在しない。

4089      雨の日は「ゆったりとした時間」を楽しむ。

4090      「人生の終わり」から「今」をみると、おのずとやることが見えてくる。

4091      「悪い言葉」を使うと、魂がむしばまれていく。

4092      「モノを持つ」ということは「そのモノを保管しなければいけない」ということである。

4093      ネットワーク上の「友だち」は「単なる知り合い」と考えよう。

4094      食事の時は仕事をしないこと。

4095      「頼みごと」は一度に一つだけにする。

4096      「ノー」を言うのに「罪悪感」はいらない。

4097      一度決めたら、ちょこちょこ変更しない。

4098      「自信」は「小さな成功体験」の積み重ねである。

4099      「もうムリ」と思ってら「もう少しだけ」やってみよう。

4100      相手を「名刺」ではなく、「エピソード」で記憶する。

4101      肩書きや役職はレンタカーと一緒である。どんな高級車に乗っていてもいずれ返さなければならない。

4102      相手が使っている言葉を言い換えずに「そのまま」使う。

4103      相手の「背中」から心を読む。

4104      「モノ」ではなく、「それがもたらす生活」を売る。

4105      トレーニングは「10%増」の負荷をかける。多すぎても少なすぎてもダメ。

4106      「行かなければいけない窓口」を減らす。

4107      ステータスはお金で買うものではない。

4108      「余命一年!」さあ何をしようか。

4109      シンプルに考えると、いらない「モノ」や「コト」が多い。

4110      「手続きする先」がなるべく少ない生活をしよう。

4111      「いつでもできる」と思っていることは、しない、できない。

4112      残業するなら光熱費を払ってすること。

4113      左右どちらでもはける「靴下」を選ぶ。

4114      「人が助けてほしいところ」にビジネスチャンスがある。

4115      一見複雑に見えても、分解してみると意外に単純なことが多い。

4116      「心のトゲ」はそれを抜くまで「ずっと心に刺さったまま」である。

4117      5分のさがしものをなくせば、5分長生きするのと同じである。

4118      ビジネスとプライベートで共用できるジャケットを選ぶ。

4119      時には夫婦で旅行をする。

4120      自分自身が時間泥棒になっていないか気をつける。

4121      「幸せ」は「なるもの」ではなく「感じるもの」である。

4122      「悪気」はなくても「時間泥棒」は断る。

4123      「支配者」ではなく「指導者」になろう。

4124      「子どもの頃の自分」が「本当の自分」である。

4125      今日が「新しい人生の始まり」と考えれば何でもできる。

4126      名誉はチーム全員で味わおう。

4127      ネガティブな考えや感情はエネルギーを奪う。

4128      「どうも」や「すみません」では感謝の気持ちは伝わらない。

4129      コミュニケーションにおいては「体温」で伝える。

4130      満腹の時はクレームや文句が出にくい。

4131      「切羽詰っても」どこかに必ず突破口がある。

4132      「最悪」と思っても、案外「本当の最悪」ではない。

4133      手続きはできる時に進めてしまう。

4134      「万事休す」なのであれば、自分も休む。

4135      ものごとは動き出すと「摩擦係数」が減る。

4136      「楽すること」を大真面目に考えよう。

4137      店の「ポイント」や「特典」は売る側のメリットなのである。

4138      少しでも状況が好転したら、素直に喜ぶ。

4139      ビジネスとプライベートで共用できる時計を選ぶ。

4140      朝の「一杯のコーヒー」を大切にしたい。

4141      1日のゴールを決めて走り出す。

4142      まわりくどい言いまわしをしないようにする。

4143      「正直」であるためには「勇気」が必要である。

4144      「自分にしかできないこと」は少ない。

4145      ゴールを決めないとそこにたどり着けない。

4146      「孤独の深さ」を知れば、まわりにやさしくなれる。

4147      整理すること自体に時間をかけることは、命をムダに使っていることと同じである。

4148      「今さら遅い」ことはない。

4149      名前で呼ぶとお互いの距離感が近くなる。

4150      「話を聴く姿勢」がないと、相手は話しづらい。

4151      「幸せスパイラル」をつくろう。

4152      「命の砂時計」はもとにはもどらない。

4153      「以心伝心」はコミュニケーションの究極奥義である。通常の関係ではあり得ない。

4154      「何とかなる」と思うと、わりと「何とかなる」。

4155      やることが多いときは、すべてを紙に書き出して並べ直してみる。

4156      「悪いこと」は、将来体験する「もっと悪いこと」に対処するための練習と考える。

4157      ものごとは、「動き始めた方向」に動かしてしまうと楽である。

4158      雨の日は、神さまがくれた「心の休日」。

4159      ポイントカードの魔力に取りつかれないように気をつける。

4160      「面倒くさい病」は進行性の病である。

4161      デスクを見れば、その人の生き方がわかる。

4162      アクティブでない人間関係は常に見直す。

4163      カバンを整理しておくと時間が格段に増える。

4164      「パニック」になってしまうと、時間をとられてしまう。

4165      「リクエスト」をしなければ、相手は動かない。

4166      「あきらめてしまったこと」をもう一度見直してみよう。

4167      「忘れること」はむしろ「良いこと」である。

4168      自分自身に「十分な時間」をかけてやろう。

4169      じっくり考え事をする時は、静かで緊張感のある「時間」と「空間」をつくる。

4170      「ムダなおしゃべり」は「命をムダに使っていること」と同じである。

4171      「忙しさ」は主観的な指標である。

4172      相談を持ちかけるときは、「○○さんにしか相談できない内容なので・・・」と切り出す。

4173      コミュニケーションの極意は「聴くこと」である。

4174      「自分の言葉」で語るのが「大人のたしなみ」である。

4175      時間の流れは不可逆だからこそ大切に感じる。

4176      「リセットボタン」があると、「真剣勝負」ではなくなる。

4177      連絡しなければいけない相手を減らす。

4178      「生きるための仕組み」をつくる。

4179      買い物リストにないものは、次の機会を待って買う。

4180      「モノを捨てること」が「シンプルライフ」ではない。

4181      「命の砂時計」の砂は、どんどん落ち続ける。

4182      「本当に困ること」はめったに起きない。

4183      自動販売機は「割高」である。

4184      昔からある「心の中の小さなゴミ」を掃除する。

4185      本当に「毎日使うもの」は少ない。

4186      「1分間」という時間を大切にする事は、「1分間」長生きしたのと同じことである。

4187      職場の人間関係は、異動、転勤、退職の時にきれいに整理する。

4188      友人づきあいは「ほどほど」にしないとテマヒマがかかる。

4189      相手の話の「行間」を読むこと。

4190      失敗は「成功への一つのステップ」にすぎない。

4191      子どもの時になかったモノは本来「いらないモノ」である。

4192      自分は「何に対して嘘をついているのか」を考えてみる。

4193      「気持ちのペダル」も時にはこぐのをやめてみよう。

4194      「肩書き」ではなく、「自分自身」に誇りを持とう。

4195      会いたくない人と会うことは、命をムダにしているのと同じである。

4196      「苦手だな」と感じたら、「得意になるチャンス」と考えよう。

4197      相談する時は、「実は気になることがありまして・・・」と持ちかける。

4198      みんな「認められたい!」。

4199      人に話してしまうと心がスッキリする。

4200      「あいづち」を大切にしてコミュニケーションをとる。

4201      家族と一緒なら、「屋台」も「ファストフード」も「ファミリーレストラン」も「五つ星」である。

4202      「なるようになる」と流されてみると意外にうまいくことが多い。

4203      「ベストな答え」がなければ「ベター」で十分である。

4204      休める時に休んでおく。

4205      きつい時は、必ず時間が味方になってくれると考えよう。

4206      自分の人生を3年、5年、10年単位で分割して考える。

4207      安易に「得すること」に手を出すと、結局「それ以上に損をする」。

4208      ものごとは「未完成」でもいいからリリースしてみる。

4209      「カバンの中身」を見れば、その人の生き方がわかる。

4210      時間は「大切にしてくれる人」のところに集まってくる。

4211      「メンツ」は何の役にも立たない。

4212      「先延ばしグセ」は時間泥棒である。

4213      「言葉が通じて」も「気持ちが通じない」ことがある。

4214      夢をイメージし続ける。

4215      「子どものお手本」となるようふるまう。

4216      「心のエンジン」も時にはメンテナンスする。

4217      「偉い人」は偉そうにしない。

4218      テレビは時間を浪費するので、「寿命を縮める機械」ともいえる。

4219      「どうにもならない」と思ったら「何とかなる」と考えよう。

4220      「どうしても私の手に余る案件がありまして・・・」と相談を持ちかける。

4221      「否定的な言葉」を「肯定的な言葉」に置き換えて話す。

4222      おいしいものも毎日食べたらあきる。

4223      みんな「評価されたい!」。

4224      トラブルが起きても「うろたえない」こと。一度流れにまかせておいてじっくり対処する。

4225      一分あれば、頭の中を整理できる。

4226      ストレスを感じたら「流れる雲」を見上げてみる。

4227      「言葉遣い」を良くすると「人生」が良くなる。

4228      仕事の価値は、「その成果がどれだけ人に貢献できたか」で決まる。

4229      「劣等感」は自分の中にある。

4230      ストレスが多いときは、「水の流れの音」を聴く。

4231      仕事は「量」や「プロセス」ではなく、結果や成果によってどれだけ相手に「貢献できたか」でその価値が決まる。

4232      頭の中は「クール」に、心の中は「ホット」に。

4233      怒っている相手には「反応しない」。

4234      「後ろめたさ」は自分自身がつくっている。

4235      言い訳をしても、相手は納得することはない。

4236      「厳しいな」と感じた時は、「ステップアップだ」と考えよう。

4237      記憶に自信がなければ、「メモ」の力を借りよう。

4238      仕事は学芸会や文化祭ではない。みんなでがんばってやり遂げたことに価値があるのではなく、結果・成果が大切である。

4239      人にものごとを依頼する時は「どうしてお願いするのか」を先に伝えるとよい。

4240      「正直」はトラブルを遠ざける。

4241      エネルギーを消耗させられることから遠ざかる。

4242      石橋を叩きながら必ず渡り切る。

4243      時間を「2倍、3倍」に使う。

4244      「頭がまわらないとき」は別のできることをやる。

4245      相手の話がノッてきたら、相づちも短めにしてみる。

4246      人生は「結果」で語るようにする。

4247      「忘れないため」には何でも活用する。

4248      「ネガティブな力」に対してエネルギーを注がない。

4249      自分を「尊い存在」として認める。

4250      「行きたくないところ」に行くのは、命をムダに使っているのと同じである。

4251      「面倒くさい」と思ったら、「今やってしまった方が後でやるより得だ」と考えよう。

4252      「人と一緒にいること」自体がすでにコミュニケーションである。

4253      自分に嘘をつくと人生がうまくいかない。

4254      「子どものお手本」になるような言葉遣いをする。

4255      「何かに関わる」ということは、「そのこととの距離を決める」ということである。

4256      心のエンジンもときには停止させてみよう。

4257      「肩書き」は「その組織の中だけでの記号」の意味でしかない。

4258      「行きたくない飲み会」は命をムダに使っていることと同じである。

4259      「人手が少ない」と思ったら「小回りがきく」と考えよう。

4260      「自信」と「過信」を間違えないようにしよう。

4261      「神頼み」は「自分の決意への儀式」である。

4262      直前に言われたり、決まったり、頼まれた時は、「そのときにできる範囲」のことをやる。

4263      ミュージカルに興味のない人が、ブロードウェイでミュージカルを観ても価値が少ない。

4264      アンケートや報告書からフィードバックして、素直に反省する。

4265      「関心がない事柄」は記憶に残らない。

4266      「みんなやっていること」でも最後は自分で判断して決める。

4267      音楽に興味のない人がカーネギーホールでコンサートを聴いても、あまり価値を感じない。

4268      「フィードバックミーティング」で弱点を押さえておく。

4269      何かに関心を持つと、そのことについて目や耳に自然と情報が入ってくる。

4270      相手が「できない」のは、こちらの「説明のしかたが悪かったから」と考える。

4271      本は「つまみ食い」で読めば良い。

4272      自分から積極的に広めなくても、人が欲しがる情報を発信すると自然と広まっていく。

4273      「いい質問」をするよう心がける。

4274      上司が必ずしも「適切な指示」を出すとは限らない。

4275      「ファンクションキー」は少ないほうが良い。

4276      人にこびず、いつも「フェア」で「正々堂々」としていること。

4277      「クレーマーの目的」は「クレームをつけること」である。問題の解決ではない。

4278      環境が変わったら、その環境に慣れること。

4279      自分の足で歩くこと。

4280      「価値」を高めることを考えよう。

4281      「ちょうどいい」は最高の状態である。

4282      人間関係は「追う人」ではなく「追われる人」になる。

4283      こちらがやさしい態度や言葉遣いをすると相手にも伝染する。

4284      相手が無茶なことを言うときは、「できること」を示してやる。

4285      「子育て」をするのではなく「子育ち」を応援する。

4286      生き残れるのは「変化できる」者である。

4287      「すごい!」「さすが!」「お見事!」「大したもんだ!」とほめる。

4288      人との関係は、あせらず自然に熟するのを待つ。

4289      クレーマーには「ごく普通に」、「いつもどおりに」対応する。

4290      「予想外」のことが起きたら、「でき得る対応」をとる。

4291      トイレに鏡を置かない、現実に引き戻される。

4292      本のしおりとしてポストイットを使うと、落ちなくて便利である。

4293      学びは「教材選び」から。

4294      夏休みの予定は年始に立てる。

4295      会う回数を増やすと高感度が上がる。

4296      「天気が悪い」のは誰のせいでもない。

4297      「商品やサービス」ではなく、「価値や生き方」を提供する。

4298      「プロ」には「仕事の結果」を認めてほめる。

4299      相手が大きな荷物を持っているときは、「持とうか?」と声をかけるのではなく、黙ってさっと持ってあげる。

4300      相手との共通点がなければ「まず天気の話」をする。

4301      電車に乗り遅れたのは「自分のせい」である。

4302      食材売り場の脇にレシピをおく。

4303      「あいさつ」とは「言葉のプレゼント」である。

4304      「気遣い」「気配り」は「心のマナー」である。

4305      「同じ出身地」「同じ学校」「同じ地域」だと親近感がわく。

4306      まわりとうまくいかないのは、ほとんど「自分のせい」である。

4307      モノには必ず「創った人」がいる。

4308      「チーズ売り場」の脇には、「クラッカー売り場」と「ワイン売り場」を置く。

4309      腕時計はいつでも内側を向けて時間を確認できるよう、ベルトを緩めておく。

4310      その場の「空気感」をつくる。

4311      人の記憶はせいぜい1週間で消えてしまう。

4312      自分の間違いを正直に認めると相手は話しやすい。

4313      「食べる」ということは、「命をいただく」ということである。

4314      「ワイン売り場」の脇には「チーズ」「生ハム」「オリーブ」を置く。

4315      コミュニケーションは音声がなくてもメッセージを伝える。

4316      会話の中で相手との一体感をつくる。

4317      相手との類似点を見つけて会話を進める。

4318      「ライフスタイル」を提案・提供する活動をする。

4319      感情的になりすぎると、相手を傷つけてしまうことが多い。

4320      「食事」という漢字は、「人」に「良い」「事」と書く。

4321      「刺身売り場」の脇に、「わさび」と「刺身しょうゆ」を置く。

4322      「崩すスタイル」をカッコいいと感じるのは、「正統派スタイル」に自信がないからである。

4323      相手の心を察して「寄り添う」ことが大切。

4324      相手との共通点を見つけて会話を進める。

4325      「差別化」ではなく、「独自化」「オリジナル化」する。

4326      「先送り」は「時間と労力の借金」である。

4327      「モノ」を売るのではなく、「ライフスタイル」や「生きる価値」を提案・提供する。

4328      「ウインナー・ソーセージ売り場」の脇に「マスタード」と「ケチャップソース」、「ピクルス」を置く。

4329      できたら「ラッキー」、できなければ「ふつう」、決して「マイナス」にはならないと考えよう。

4330      子どもたちのクリスマスの準備をしているときは「幸せ」。

4331      困った時は「専門家」に相談してみる。

4332      自分に自信がつけば、「少ないアイテム」でものごとを進められる。

4333      モノは「欲しい」のか「必要」なのかをしっかり考える。

4334      「モノを持たないこと」自体が「シンプルライフ」ではない。

4335      時間は「引き算」で動かしていく。

4336      「しくみ」を考える時間を意識的に持つ。

4337      「人が困っていること」にビジネスチャンスがある。

4338      いずれやらなければいけないことは早めに片付ける。

4339      「絶対必要なモノ」と思っているのは、単なる習慣である。

4340      ストレスが多い時は、あえて「ゆっくり」歩いてみる。

4341      「罪悪感」は自分で創り出している。

4342      生活をシンプルにすると、自然とストレスが少なくなる。

4343      「負荷から逃げたい」と思うのはみんな同じ、あたりまえだと考える。

4344      「大きな車輪」を動かすとき、初めは大きな力を必要とするが、回り始めるとどんどん回るようになる。

4345      「幸せ」をゆっくりかみしめる時間をもつ。

4346      時間は意図的な「ブランク」でゆとりを持たせる。

4347      子どもたちと楽しくお風呂に入っているときはとても幸せ。

4348      「ダメもと」ベースで交渉してみる。決して「マイナス」にはならない。

4349      買い物は「発作」である。やり過ごせば大丈夫。

4350      まず今持っているモノを使い切る。それから考える。

4351      「残された時間」は確実に減り続けている。

4352      人それぞれ、めいめいが「主人公」である。

4353      自分と家族との事は真剣に考えよう。

4354      子どもの頃は「どうしても必要なモノ」は少なかったはず。

4355      モノを手に取った時、「これはどのくらいの頻度で使うのか」と考える。

4356      「プレッシャー中毒」にならないように気をつける。

4357      「後ろめたさ」は自分の中にある。自分の心が創りだしている。

4358      ストレスを感じる時の「小さなシグナル」に気づくこと。

4359      「自分にはできない」と感じたら、「試しにやってみよう」と考える。マイナスにはならない。

4360      口数が少ない人は、ひとつひとつの言葉に重みが出る。

4361      マグネットを上手に使うと整理がうまくいく。

4362      「弱点」は必ずしも「悪いもの」ではない。

4363      1年は52週、13週×4タームで考えると使いやすい。

4364      窓口を精査・統一して、手続きのテマヒマを減らす。

4365      余命あと一年、季節を満喫しよう。

4366      「あっ、これいらないな」と思ったモノはすぐ手放す。

4367      コンビニ、スーパー、ネットショップは浪費のリスクが大きい。

4368      シンプルライフとは「単にモノを捨てること」ではない。

4369      命は「砂時計の砂」である。戻ることは決してない。

4370      自分の行き先は自分で考え、自分で決める。

4371      毎日必ず使うモノは思ったより少ない。よく選んで良いものを使おう。

4372      「ゴキゲンな朝」をむかえよう。

4373      「イエス」「ノー」の答えは、相手が決めることである。

4374      正直になると、余計なことを考えずに済む。

4375      ゴールにたどり着ければ、「やり方」はどうでもいいので、こだわりすぎない。

4376      近道は「タダ」では通れない。

4377      モノ探しをすることは、命の無駄遣いと同じことである。

4378      「疲れた」ときは、「できること」をやる。

4379      相手を「名前で呼ぶ」ことは、「人格を認めていること」である。

4380      先輩からの恩は後輩に倍にして返す。

4381      相手に「本人が達成可能な期限」を決めさせて守らせる。

4382      「入ったもの」-「出たもの」=「残っているもの」である。

4383      春分の日は何かを始めるチャンスである。

4384      人生のマーケットリサーチをしてみる。

4385      難しい課題に出会ったら、以前の経験の中で「使えるもの」がないか探してみる。

4386      外では「最小限のモノ」で間に合わせる。

4387      相手の「モヤモヤの霧」を晴らしてやる。

4388      脳にはブドウ糖が不可欠である。

4389      「能力不足」を感じたら努力してみよう。

4390      人の善意には素直に甘える。

4391      相手には「立場」「ポジション」だけでなく、「個人」として相対する。

4392      最適な環境づくりは自分の手でする。

4393      「過去の後悔」や「未来の不安」ではなく、「今の行動」に着目する。

4394      みんなのおかげで「生きていられる」と考えよう。

4395      「したくない約束」はしない。

4396      モノが少ない部屋は動きやすい。

4397      遅刻は相手の時間を無駄にすることである。

4398      「崖っぷち」にいる時は、「まだ落ちてはいない」状態であるので、何とでもなると考えよう。

4399      「やったことがない」ならやってみればいい。

4400      信じたことは繰り返し実行してみよう。

4401      相手に依頼する時は、「ご配慮していただけないでしょうか」と切り出す。

4402      人は「カッコ良さ」にひかれて動く。

4403      身近な人のために一生懸命がんばろう。

4404      「良いもの」に出会ったら、迷わず変える。

4405      「人を許す」のは自分のためである。

4406      「今、このとき何をするか」を決める。

4407      自分のまわりのスペースをきれいにしておく。

4408      「お金がないこと」が恥ずかしいのではなく、「お金がないから恥ずかしいと思うこと」が恥ずかしいのである。

4409      幸せとは「なる」ものではなく、「自分が感じるもの」である。

4410      「信頼」はコミュニケーションの「核」「要」である。

4411      「上を見るとつらくなる」「下を見ると楽になる」。

4412      「時間」「お金」「資源」が足りない時は「工夫」と「知恵」で乗り切る。

4413      「やりたいこと」はとにかく全部始めてみる。

4414      結果はなるようにしかならない。結果が出るまでに何とかする。

4415      ものごとは「ゼロストップ」で動かす。

4416      知恵袋に自分の知恵をたくわえる。

4417      子どもたちと手をつないで散歩しているのがしあわせである。

4418      動きながら学んでいく。

4419      人からの「批判」は「敵対」ではないと考える。

4420      時には種や球根を見ならって休んでみる。

4421      「イエス、バット」を使いこなせるようにする。

4422      「行動」を変えてみると「生き方」が変わってくる。

4423      モノでは幸せになれない。

4424      言い訳をすればするほど、「信頼」は失われていく。

4425      人を攻撃すると、同じ力で「反作用」がくる。

4426      「そんなこと聞いてない」と思ったら、「自分の確認ミス」と考えよう。

4427      「重そうですね、持ちましょうか?」ではなく、黙って持ってあげるのが紳士である。

4428      やるだけのことをやった後は、気持ちがすっきりする。

4429      人を「たらい回し」にしない。

4430      ビジネスモードとプライベートモードをなるべくボーダーレスにする。

4431      子どもたちのために「知恵」を残したい。

4432      人は生まれてきた時、すでに多くの競争に勝ち抜いてきている。それで十分ではないだろうか。

4433      達成可能なゴールをいくつも設定する。

4434      「でも」という言葉をなるべく使わないようにする。

4435      人生は植物を育てるのと似ている。

4436      「ノー」と言うことを「単純なスキル」としてとらえる。

4437      子どもの話は「まず聴いてやる」ことが大切。

4438      朝、鳥のさえずりを楽しむ。

4439      「いきがって」も、一人じゃ生きていけない。

4440      「言い訳」は自己正当論である。相手には関係がないこと。

4441      「口撃」はブーメランのように自分に返ってくる。

4442      相性が悪い相手には、どこか一つ共通点を見つけよう。

4443      「一時の同情」だけで、相手に手をさしのべるのは迷惑である。

4444      手を尽くしたのなら、あとは流れにまかせよう。

4445      人がしてくれたことには、素直に「ありがとう」を言う。

4446      力が及ばないことがわかったら、流されてみる。

4447      ものごとは、いつからでも始められる。

4448      妻が子どもたちと笑っているのをみると幸せを感じる。

4449      幼稚園の時、持ち物は「ハンカチ」「ティッシュ」「連絡帳」それと「コップ」と「おはし」ぐらいだった。

4450      ピンチを乗り越えたら、それが「二度と起こらないしくみ」をつくっておく。

4451      「怒っている」相手には、一旦「同意」してやるとよい。

4452      あまり深刻になりすぎると「いいこと」を逃してしまう。

4453      悩んだ時は「直感」を信じてみよう。

4454      子どもには「笑顔」と「スキンシップ」を大切にしよう。

4455      家はなるべく「小さく」そして、「広く」使おう。

4456      「スマイルスマート」を心がけよう。

4457      身体は「この世だけの借り物」、いつか返さなければいけない。

4458      「信頼」という言葉を軽々しく口にしない。

4459      「耳の痛いこと」を言ってくれる人を大切にしよう。

4460      まわりの人や環境の力もすべて味方につけてことを進める。

4461      「問題が多い」と思った時は、自分が改善しよう。

4462      「常識」はひとそれぞれいろいろある。決して一つではない。

4463      「十分によくやったね」と自分をほめてあげよう。

4464      人のしたことにいちいち「目くじら」を立てない。

4465      仕事は、「スピード」「シンプル」「スマート」にこなす。

4466      なるべく「ビジネス」と「プライベート」のアイテムを共通にする。

4467      やり始めなければ、何も動かない、進まない。

4468      子どもたちがひざに座ってくつろいでいるのが幸せ。

4469      「シンプル」「スマート」「スピーディ」の3Sで生きる。

4470      早く動けば1サイクル前の舟に乗ることができる。

4471      「できなかった事実」は言い訳しても「なくならない」。

4472      「使わないモノ」は「ない」と同じである。

4473      プロは自分の目利きで判断する。

4474      みんな、子どもの頃から「小さな心のゴミ」を溜めている。

4475      思ったより「必要なモノ」は少ない。

4476      窓口に30分ムダに並ばなければ、「30分長生きした」のと同じことである。

4477      大工さんのようにいつも現場をきれいにしておく。

4478      「システム化」できないことは「手作業」でやるとうまくいく。

4479      「このチャンス」を逃すと、一生チャンスがないかも知れない。

4480      断片化された「細かい時間」をデフラグする。

4481      「失敗」はリカバリーするためにある。

4482      「きっかけ」はすぐそばに落ちている。

4483      「不安」を感じたら「ラッキー」と思って対処する。

4484      動かし始めたら、「結果」より「今」に集中する。

4485      人の世話より自分の世話をしてみる。

4486      名刺から「肩書き」をとる。

4487      モノが少ない空間は気持ちがいい。

4488      「遅刻」は「時間に対する言い訳」にすぎない。

4489      「底なし沼」は底が見えないだけである。必ず底がある。

4490      「時間がない」というのは「やりたくない」の言い訳にすぎない。

4491      ケーキは「スポンジづくり」から。

4492      相手にものを頼む時は、「まことに勝手なお願いですが・・・。」と依頼する。

4493      「マシンガントーク」をしながら考えをまとめていく。

4494      相手には「頭ごなしに」ものを言わない。

4495      出口は「次への扉」である。

4496      言い訳をしても「できなかったこと」は消えない。

4497      持ち物のほとんどは、自分がいなくなったら「いらないモノ」である。

4498      お金は「ライフスタイル」についてくる。

4499      パワーパートナーを持つ。

4500      「心の未解決事項」を解決して、スッキリしよう。

4501      「見えないところにしまうこと」は「見えないところに捨てる」のと同じことである。

4502      「今、自分にできること」は何かを考えてみる。

4503      薬は「一日二回」で効くものを選ぶ。

4504      ビジネスツールは標準的なものを選ぶ。

4505      今すぐやらないとチャンスを逃すことになる。

4506      ためらっているヒマは人生の中にはない。

4507      「完全な安全はない!」8割ぐらいで進んでみる。

4508      常に「ミッション」を見失わないようにする。

4509      「だって」は自分を弁護する言葉なので、なるべく使わないようにする。

4510      いろいろな花があるように、人もそれぞれである。

4511      「ノー」を使いこなせるようにする。

4512      「学び」に年齢制限はない。

4513      サービスを提供してくれた人には必ずお礼を言う。

4514      言葉遣いはその人をそのままあらわしている。

4515      なるべく「電源」を気にしなくていい道具を使う。

4516      「その日の疲れ」は「その日のうちに」とっておく。

4517      「大人の学び」は「つまみ食い」で良い。

4518      相手と話が合わない時は、話題を変えてみる。

4519      本を読む時は、腕時計を内側に向ける。

4520      窓口に手続きに行かなくても良いシステムをつくる。

4521      余命一年、四季を楽しもう。

4522      生活を「システム化」しよう。

4523      モノが少ない部屋は掃除がしやすいのでいつもきれいである。

4524      コンビニはトレンドをつかむ代償として、財布にダメージを与える。

4525      人生には「制限時間」がある。

4526      能率の悪い構成員からは「ペナルティー」をとる。

4527      ビジネスモードとプライベートモードの服をなるべく共用にする。

4528      定期的に「心の大掃除」をする。

4529      ときには、気持ちを「塩づけ」にしてみる。

4530      「どうしてもないと困る」と思っているものでも、なければないで何とかなる。

4531      ビジネスでの人づきあいは「ほどほど」がちょうど良い。

4532      完璧主義は「時間泥棒」である。

4533      人前で話すことを楽しもう。

4534      時を忘れるほど何かに没頭してみよう。

4535      「間違いに気づいたとき」は「復活へのチャンス」と考えよう。

4536      「子どものお手本」となるように生きる。

4537      グチや不満を言う人には、「どうしたいのですか」とたずねる。

4538      自分の人生は自分でコントロールするしかない。

4539      家の中でも「最小限のモノ」で暮らすと気持ちが良い。

4540      相手には「ポジティブなフィードバック」をする。

4541      自分の持っている時間、自由に使える時間が多いほど、人生の選択肢が増える。

4542      「チャンスがない」と思ったら「チャンスをつくろう」。

4543      人に相談する時は、「ぜひお知恵を拝借したいのですが・・・。」と切り出す。

4544      「○○できるかな?」と相手を動かす。

4545      持ち物が多いのは「心配性」だからである。

4546      計画は目的が大きいほど綿密に立てる。

4547      「生きてるコスト」を長期的に少なくする生き方をしよう。

4548      「成功」にはゴールがあるが、「幸福」にはゴールがない。

4549      自分がつくった「しくみ」を使いたおす。

4550      「ストーリー」を持ってない人はいない。

4551      「想い出」は想い出してこそ想い出である。

4552      「欲しいモノ」と「必要なモノ」は同じではない。

4553      夫婦で旅行すると、お互い「いつもと違うところ」が見える。

4554      「普段どおり」であることは、何よりの幸せである。

4555      「閑」と「静」の時間をスケジュールに入れる。

4556      いつも「好奇心」と「勇気」を持つ。

4557      「つき合う人」は自分で決める。

4558      状況が悪い時は「あとは上に上がるしかない」と考えよう。

4559      悩んでいるより、アクションプランを実行する。

4560      「がまんしていることリスト」をつくってみる。

4561      持ち物は「小さく」「軽く」コンパクトにしておく。

4562      相手には「変更する理由」を必ず伝える。

4563      オフィスのデスクでは、靴を脱いでリラックスする。

4564      「調子が悪い時」と思ったら、「調子が良い時なんてめったにない」「いつもと同じだ」と考えよう。

4565      地球上に「まっすぐな道」などは存在しない。必ず曲がっている。

4566      相手に依頼する時は、「お手すきの折にご検討いただけませんでしょうか・・・。」と切り出す。

4567      相手が「自発的に動いた」形をとって動かす。

4568      「○○した方がいいよ」と相手を動かす。

4569      何事も勇気をもって決断する。

4570      「時間銀行」をつくれないかなぁ。あったらいいなぁ。

4571      動こうかどうか迷ったら「動く」!

4572      コンビニ、スーパー、ネットショップは余計なものを買わされやすい。

4573      モノの機能は「用が足りること」である。

4574      「仕組みづくり」に十分な「テマヒマ」をかける。

4575      「自分でやり切れる範囲」で生活する。

4576      「心の虫めがね」で「小さな幸せ」を見つけよう。

4577      モチベーションが高い時に、一気にタスクを進めてしまおう。

4578      いつでも自分のスタンスを相手にわかりやすく伝える。

4579      「何を話すか」は自分の意思で決める。

4580      誕生日は何かを始めるチャンスである。

4581      今、選択可能な選択肢を3つ考えてみよう。

4582      「気になるリスト」をつくってみる。

4583      持ち物が軽くなると気分も軽くなる。

4584      過去にこだわるのは、今に満足していないからである。

4585      昼休みはなるべく外に出よう。

4586      気が弱い人の方が、慎重で物事がうまくいくことが多い。

4587      二番手、三番手は格段にプレッシャーが少ない。

4588      相手に依頼する時は、「折り入ってお願いがあるのですが・・・」と切り出す。

4589      高圧的な態度や言動はしない。

4590      相手に「してほしいこと」を伝える。

4591      思いがけないトラブルには動じない。

4592      「作業」から「仕事」、「仕事」から「ビジネス」へアップグレードする。

4593      部下や後輩にも「ありがとう」をきちんと伝える。

4594      思いっきりモノやコト、人間関係、心のゴミを捨てる。

4595      カバンは「ドラえもんのポケット」と一緒。大きさや重さの制限がなかったら何でも詰め込もう。でも現実はムリ。持ち物は少なくしよう。

4596      「衝動買い」は「生活習慣病」である。

4597      コップや皿を小さくすれば、「飲みすぎ」「食べすぎ」を防げる。

4598      人生で出会った「ひとつひとつのモノ」を大切にしよう。

4599      「自分で創ったしくみ」に働かせよう。

4600      どんな人にもかならず人生のストーリーがある。

4601      想い出は日々「想い出せる」ように保管する。

4602      「モノ自体」は想い出にはならない。そこに経験・体験がなければ想い出にはならない。

4603      「勉強したい」と思った時が「学び時」である。

4604      日々、「ベター」なことで喜びを感じる。「ベスト」でなくていい。

4605      同時に進行するタスクは「ごちゃまぜ」にしない。

4606      自分のミスは「素直に」「素早く」認めてしまおう。そしてリカバリーに全力を尽くそう。

4607      一歩進めば、一歩ゴールに近づく。

4608      年の初めは何かを始めるチャンスである。

4609      「どうして前に進めないのか」、まわりを観察・調査してみる。

4610      「嫌なことリスト」をつくって、自分は何が嫌なのか一度顕在化させてみる。

4611      モノから開放されると幸せな気持ちになる。

4612      人は「肩書き」ではなく「人柄」に惹かれる。

4613      「やるべきこと」をすべてリストアップしてみると、思ったより少ないことに気づく。

4614      話が苦手なら、「話べたの方が誠意が伝わる」と考えよう。

4615      15分間自己紹介ができるように自分自身を洗い出す。

4616      相手に協力を依頼する時は、「ご尽力いただければ幸いです。」と切り出す。

4617      人は「自分の頭越しに」物事が進むと「嫌な気持ち」になる。

4618      関わる金融機関を減らすとテマヒマが格段に減る。

4619      まわりの人たちに「テマヒマ」をかけさせない人生をおくる。

4620      「要るモノ」と思っていても、状況が変わると「要らないモノ」になる。

4621      命や時間は「失われること」を知った時初めてその価値に気づく。

4622      起動時間の少ないパソコンを使いたい。

4623      「汗じみ」が気になるような服は着ない。

4624      「使い切る」ということはたいへんなことである。

4625      「二度手間」を省くと、寿命をその分延ばしたことと同じである。

4626      スタンダードなものを使いこなすとテマヒマが格段に減る。

4627      「自分の心」は自分でもなかなかわからないものである。

4628      「最悪」なんてものは、一生のうち何度も会うことはない。

4629      自分が気がついた「大きなリスク」を回避できたなら、「小さなリスク」には目をつぶる。

4630      相手にとって「近づきやすい人」を心がける。

4631      「臨機応変」に生きる。

4632      深呼吸をすると心も身体も落ち着く。

4633      相手に「相対的に勝とう」とせず、自分自身を成長させることに注力しよう。

4634      「手に入れたいものリスト」をつくって、自分の欲望をコントロールしよう。

4635      モノから開放された気持ち良さを一度味わってみよう。

4636      自分の肩書きを口にしないようにしよう。

4637      「お先真っ暗」と言っているうちは、まだ足もとは明るい。

4638      「自信がない」と思ったら「最初から自信のある人なんていない」と考えよう。

4639      くじけそうになったら、「いつもの自分のキャッチフレーズ」を声に出して唱えよう。

4640      相手に依頼する時は、「お力添えいただけませんか・・・。」と持ちかける。

4641      マシンガントークをしながらアイディアを考えていく。

4642      99点と100点は決定的に違う。

4643      作業前に道具はあらかじめそろえておく。

4644      いいアイディアは「焼き直し」に多い。

4645      片付けないとスペースがムダになる。

4646      他人の人生を生きて時間をムダにしないこと。

4647      仕事のトラブルは、自分に解決できないようなことは起こらない。

4648      解決不可能と思われる課題でも、やってみると意外とできるものである。

4649      書類や資料は職場の「ライブラリアン」に探してもらう。

4650      とりあえずのバッファーを持っていると、迷った時に便利である。

4651      人の目を気にすると、動きが遅くなる。

4652      片付けないと、エラーが起こりやすくなる。

4653      「世間の常識」にとらわれて、人生をムダにしないこと。

4654      情報の海の中から、必要な情報を見つけ出す能力が大切である。

4655      自分のレベル以上のトラブルは起こらない。

4656    チームはリーダーの考え方によってどんどん変わっていっていい。そうしないと、チームは変わっていかない。

4657      自分の命1時間を組織にいくらで売り渡しているかよく考える。

4658      人の話は「鵜呑み」にしない。

4659      プロジェクトが終わったら書類は捨てる。

4660      なぜ満員電車に乗らなければいけないのか考えてみる。

4661      ネット上で必要な情報が見つけられなければ意味がない。

4662      一度トラブルを乗り越えると、次に起きたトラブルに動じないで済む。

4663      落ちている1円玉を100個見つけるよりも、100円分の買い物を控えた方が楽である。

4664      ホームランを打ちたければ、打席に多く立つこと。

4665      すぐに動くと、相手に気持ちが伝わる。

4666      「吹き溜まり」を整理する。

4667      なぜスーツにネクタイをしなければいけないのか考える。

4668      キーワードの入れ方でヒットする情報が変わってくる。

4669      モチベーションは主観的なものなので、本来は上がり下がりするものではない。

4670      「もう一人の自分」に誇れるような生き方をする。

4671      人生の終わりには家族の顔を見たい、

4672      自分のスタイルで動いてみて、それでもダメなら「仕方ない」と思える。

4673      生活にかけるお金は最小限でいい。

4674      人生は「トーナメント戦」ではなく「リーグ戦」と考えよう。

4675      「隠し場所」をつくらない。

4676      スーツやネクタイは職場に行ってから着用すればいい。

4677      お客さんが「買いたくなる状況」を自分でつくる。

4678      大量の情報の中から必要なものを選び出す。

4679      時間のリーダーになれ!そして時間の主になれ!

4680      自分の持ち物を一つ残らずすべて言えるか考える。

4681      ビジネス費用は「投資」である。リターンに見合う範囲にする。

4682      「捨てること」より「ムダに買うこと」の方がもったいない。

4683      ヒマができると「余計なこと」をしがちである。

4684      そのうち「職業」という言葉や概念はなくなるかもしれない。

4685      自分から売り込まず、相手に選ばせる。

4686      本は目的意識をもって読む。

4687      リーダーやキャプテンは「Do」ではなく「Be」が大切である。

4688      ティータイムは休日の家族のイベントにする。

4689      「3個1000円」のものは、一つしか使わなければ「1個1000円」である。

4690      モノが減ると頭が冴える。

4691      ヒマな時はあえて何もしない。

4692      「なりたい自分」や「したい生活」をイメージしてみる。

4693      個人のブランド力があれば、売り込みをしなくても仕事がくる。

4694      人を馬鹿にするような人間は、誰も助けてくれない。

4695      「なめらかに」、「しなやかに」、「たおやかに」。

4696      アウトドア用品を使う機会は一生に十回もない。

4697      「欲が満たされた快楽」は一瞬で消えてしまう。

4698      デスクトレーは1つにする。

4699      電車に乗らなくていい人生を考える。

4700      まずはみんなから仕事を頼まれる人になること。

4701      人間関係の制約を受けたくなければ、縦の関係を持たないこと。

4702      子どもに見られても恥ずかしくない行動をする。

4703      武器って不思議である。最初はみんな、自分や家族を守るために持つのに、いつしか他人を傷つけるために使っている。

4704      「自分のモノサシ」だけで測るとムダが多いように見えるが、「それぞれのモノサシ」で測ると役に立っているコトが多いのかも知れない。

4705      「開放すること」でラクになる。

4706      「歩きながら考える」といい知恵が生まれてくる。

4707      結婚は人生の中で「生まれること」の次にめでたいことである。

4708      結婚は「人生の乗り換え駅」である。

4709      駅から家に着くまでに、3人と「こんにちは」とあいさつできるような街がいい。

4710      「未来」は来てしまうと「現在」となり、過ぎてしまうと「過去」になる。

4711      週40時間のリソースでいかに人に貢献できる仕事をするか考える。

4712      組織は「集合知」のためにつくる。

4713      目指すはルパンかシティハンター、キャプテンだったらハーロック

4714      靴は足があるうちに履け!服は身体があるうちに着ろ!

4715      雨あがりの清々しさは心地よい。

4716      半額券2回分より、1回分の無料券がいい。

4717      雨が降り出した時の水のにおいもいい。

4718      過去と現在に満足できると、モノは欲しくなくなる。

4719      歳をとると、たなの上のモノがとりにくくなる。

4720      モノを手に入れたことの幸せはすぐ消える。

4721      「電話上手」になるより、電話しなくてすむように段どる。

4722      「間に合わせ」でモノを買わない。

4723      人の動きに合わせてモノを置く。

4724      時間の制約が多い職場は避ける。

4725      ステップアップのためには自分に投資する。

4726      日常が最高!

4727      モノは一度に片づけようとしない。

4728      お金があってもなくても変わらない自分をつくる。

4729      使う頻度が低いものは共有する。

4730      転勤が多い職場は避ける。

4731      右肩上がりのプランを立てると、お金の制約を受けることになる。

4732      目的地まで、「すべて青信号である」可能性は少ない。

4733      値段ばかり気にするようであるなら、最初からプレゼントなんてしない。

4734      「掲示」は「明示」である。

4735      自分でかけた負荷は、ストレスが少ない。

4736      「ノマドワーカー」とは、遊牧民のように定位置を決めず自由に移動しながら仕事をするワークスタイルのことである。

4737      欲望のままに買い物をすると、新しいモノを買うために働かなければならなくなる。

4738      基本的な判断基準をチームで共有する。

4739      一番大切なもののために「捨てるもの」を選ぶ。

4740      しばられたくなければ、ITやデバイスを使いこなすこと。

4741      モノを買うと、「お金」と「仕事」の両方にしばられることになる。

4742      子育ては「ジェットコースター」、一度動き出したら止まらない。

4743      完璧主義者には良い仕事ができない。

4744      手帳で一日の動きをシミュレートする。

4745      休日には知らない街へ行ってみる。

4746      お金にしばられると、仕事を自由に選べなくなる。

4747      他人を無理に変えようとしないこと。

4748      「うまくやろう」なんて最初から考えないこと。

4749      仕事モードにいつでもすぐに入れるようにする。

4750      お金を払ってでもやりたい仕事をする。

4751      やりたくない仕事でもチャンスと思ってやってみよう。

4752      仕事は、何人かでチームを組んで、全員ができるようにしておく。

4753      食事の時は「食べること」に集中する。

4754      「聴く気がない人」には話さない。

4755      9時から5時まで机に向かっていても成果はあがらない。

4756      自分の可能性はあらかじめわからない。

4757      誰か一人に依存するような仕事はつくらない。

4758      自分が使った食器は自分で片付ける。

4759      トイレはきれいに使う。

4760      決裁権のない人と交渉をしない。

4761      「どれだけの時間を費やしたか」ではなく、「どれだけの結果が出せたか」が重要。

4762      仕事は経験してみないとわからないものである。

4763      仲間内でのおしゃべりは、他人にとっては「どうでもいいこと」である。

4764      1つのことをやり終えてしまえば、次のことに取り組める。

4765      身体の細胞は52日間でリフレッシュするので、年に7回変わることができる。

4766      「弱さ」は「強さ」である。

4767      大学は「自己責任」で時間を管理するところであり、それが「自由」である。

4768      「自分がどういう人間なのか」なんて、誰かが教えてくれる訳ではない。

4769      「良い」と思ったことはやってみる。

4770      集中してやると早く終わる。

4771      「心配なこと」は早めに片づける。

4772      仕事はタイムシェリングで進める。

4773      短時間で最大の成果を出すには、自分で負荷をかける。

4774      泣いても何も解決しない。

4775      自分の口で相手に説明する。

4776      いつも笑顔でいると、不思議といいことが起こる。

4777      満員電車に乗らなくてもいい工夫をする。

4778      世の中に自分のことを知ってもらうためには、役に立つ情報やノウハウを提供すること。

4779      「グロービッシュ」がやがて世界共通語になるかも知れない。

4780      死ぬ直前までなるべく自由でいたい。

4781      デジタルデバイスには時間を奪われやすい。

4782      散らかってはみだしているモノのために、収納家具は買わない。

4783      いくらお金があっても、決して満足することはない。

4784      「モノ探し」はなにも生まない。

4785      「自分のビジネス」ならば、いつ、どこで、どんな仕事のやり方をしても、誰にも文句は言われない。

4786      一度パーソナルブランドを創ってしまえば、自動的に仕事がやってくる。

4787      グロービッシュは英語を母国語にしない人たちの簡易英語である。

4788      「生きとし生けるもの」すべてに「死」がおとずれる。これが自然。

4789      時間が足りないときこそ本を読もう。

4790      「二度と買い直さない」という覚悟でモノを買う。

4791      こころは常に「刺激」を求めている。

4792      自分の負荷を楽しめるのは、「自分ごと」だからである。

4793      「ぜいたく」を覚えてしまうと、それが「あたりまえ」と思ってしまう。

4794      いくら能力が高くても、黙っていたら相手にされない。

4795      「何を持てたか」より「何を成し遂げたか」、「何を成し遂げたか」より「いかに生きたか」。

4796      「時間つぶし」のデバイスはいらない。

4797      「モノを手放す」ということは、「モノから卒業する」ということである。

4798      食器は「一生もの」と思って良いものを使う。

4799      場所を区切れば、人はそこに並ぶ。

4800      目標やプランがなければ、どこにゴールしていいのかわからない。

4801      「工夫のない努力」にはムダが多い。

4802      「命のろうそく」の火は突然消える。

4803      迷ったら「シンプル」な方を選ぶ。

4804      人生の中で、一日として同じ日はない。

4805      安いものを買うこと自体が「良いこと」ではない。

4806      モノの置き場所にラベルを貼れば、人は自然にそこに置くようになる。

4807      「どこに住むか」は「どう生きたいか」ということである。

4808      家族によって、自分の人生がどんどん変わっていく。それもまた喜びである。

4809      「まだ起こってもいないこと」で悩まない。

4810      捨てるモノを選べないと、人生の軸がブレる。

4811      ITスキルはフロー型のスキルである。

4812      人生はジェットコースター、一度動き始めたら、終点まで決して止まることはない。

4813      家族とは、できる限り時間を共有しよう。

4814      時間は「量」も大切だが、「質」がもっと大切である。

4815      やっぱり日曜日は「週末」だと思う。

4816      家族のコミュニケーションは食事から。

4817      「不安」には実体がない。だから不安になる。

4818      「どんぶり勘定」を自分から追い出す。

4819      メモは「インプットメモ」と「アウトプットメモ」を意識する。

4820      長期的視点がないと、短期的にプラスになっても結局マイナスになってしまう。

4821      背のびをした生活をすると、結局お金にしばられることになる。

4822      「浪費ぐせ」は、お金だけでなく、時間にもあてはまる。

4823      週の始まりは、やっぱり月曜日だと思う。

4824      メールの新着通知をやめる。

4825      「短気」をやめる。

4826      自分なりのメモのスタイルを確立する。

4827      人から言われたことを「うのみ」にせず、自分の頭で考える。

4828      背のびしたい人は、身の丈以上のモノを持とうとする。

4829      必要以上の物欲は、自由を奪う。

4830      すべては「家族の笑顔」のために!

4831      「気が散るモノ」をデスクに置かない。

4832      「さばく仕事」は人に任せる。

4833      切り札は最後まで残しておく。

4834      「常識を疑うこと」と「単に反抗すること」とは違う。

4835      ローンやカードで買い物をすることは、身の丈以上の行為である。

4836      働く目的は、「モノを買うこと」ではない。

4837      時間があったら本を読む。

4838      身支度はサッとしてしまう。

4839      土日は「週末」だよね。

4840      仕事がたいへんな時こそ「ファミリーテーブル」を大切にする。

4841      情報は「切り身」にして食べる。

4842      プロセスやダンドリを見やすくする。

4843      アポイントは相手に選ばせた形で主導権を握る。

4844      家を二つ持ってもいい。

4845      服は流行を追わず、ベーシックなものを選ぶ。

4846      たとえ春先でも、寒くてポケットに手を入れて歩くより、人目を気にせずに、手袋をはめた方がいい。

4847      情報の整理をするときは、「人に説明してみる」といい。

4848      「できる人」からダイレクトにものを教わった方が早い。

4849      仕事はスタートする前すでに、ほぼすべて終わっている。

4850      たまには「いつも降りない駅」で降りてみる。

4851      借金が増えれば増えるほど、お金にしばられる。

4852      給与所得以外の収入源を持つ。

4853      上昇気流をつかむ。

4854      その道の一流選手に教わる。

4855      ミッションを遂行するときは、ゴールの条件と前提条件の二つを確認する。

4856      たまには苦手なものも食べてみる。

4857      月5万円の収入を六つ持てば、30万円になる。

4858      休日は家族のことを考える日である。

4859      「にしん」や「くじら」のようなあやまちを繰り返してはいけない。

4860      悩むなら時間を決めて悩む。

4861      予定を簡単に動かさない。

4862      ミッションは、「落としどころ」を決めてから動かす。

4863      他人と意見が違うのは当たり前のことである。

4864      偶然のできごとは、自分の可能性を広げるチャンスだと考える。

4865      本人が変わろうとしなければ、人は変わらない。

4866      輪ゴムにポストイットで「予備を買いましょう!」と書いてストック品にはめておくと買い忘れがない。

4867      毎日、「今日が人生最後の日だったら」と考えて生きよう。

4868      「すごい人」の細かい動きをまねしてみる。

4869      手帳を使って「ハッタリ」をかます

4870      人の目ばかり気にしていると、自由に生きられない。

4871      偶然の出会いは、自分の可能性を広げるチャンスと考えよう。

4872      他人を変えようとすることは、傲慢である。

4873      決裁権を持つために上を目指そう。

4874      「良さそうなこと」はどんどん始める。

4875      両手を塞がず、片手は空けておく。

4876      人生の中で、何かに熱中する時期は必要である。

4877      予想外のできごとは、チャンスと思って流されるのもいい。

4878      休みの日は「休む」よりも心と身体のメンテナンスをする。

4879      道具は必ずしも「フルスペック」のものが良いとは限らない。

4880      やらないならすぐに断る。

4881      アウトプットすることで自分を鍛える。

4882      いつまでに仕事を終わらせるか自分で決めないと、タイムマネジメントはできない。

4883      「嫌だ」と思うことは、「現状から逃げたい」と思うことである。

4884      子どもは親のマネをしながら育つ。

4885      朝起きたら、窓を開けて空気を入れ替える。

4886      「断ること」に遠慮はいらない。

4887      ブレインストーミングでは、「否定」はしない。

4888      自分の時間割ならやっていける。

4889      メンタル力も筋トレと同じように少し負荷をかける。

4890      自分が信じたことは続けよう。

4891      「自分の中の素敵なところ」を子どもたちに残してやりたい。

4892      収納は「わかりやすく」「使いやすく」「しまいやすく」。

4893      「安物」を使うと、「自分も安物」になる。

4894      地面に「足形」を描いておけば、人はそこに整列する。

4895      「足りないこと」を埋める努力をする。

4896      能力がないのに、能力の高い人をパートナーにすると、自分が足手まといになる。

4897      「工夫」とは少ない労力で最大の成果をあげること。

4898      結局、自分の人生が最高なのさ!

4899      目の前で困っている、たった一人の友人の力になりたい。

4900      「普通の人生」でいい、むしろ「普通の人生」がいい。

4901      世の中に、「子育て」以上に尊い仕事はない。

4902      身体は死ぬ直前まで自由に使いこなしたい。

4903      子どもたちの寝顔を見ているとき、幸せを感じる。

4904      家は「家族にとっての大きな道具」である。

4905      子どもたちが膝の上でじゃれているのを見るのは幸せ。

4906      小さな苗木がやがて大木になるように、子どもたちもすくすくと大きく成長してほしい。

4907      子どもたちの日々の成長を見るのは幸せ。

4908      持ち物だけで自分の価値は決まらない。

4909      もしもドラえもんの四次元ポケットを手に入れたとしても、その中に多くのモノをつめ込むことはしないだろう。

4910      脳は生まれてから死ぬまで休むことはない。

4911      身体は死ぬときまでもってくれればいい。

4912      玄関では、脱いだ靴をそろえる。

4913      「テマヒマかけずにエンジョイライフ」は、かけた時間や手数に対して充分満足できる「気持ちや心へのリターン」があるように最適化する知恵である。

4914      自分に話しかける時間を持つ。

4915      「自分の中の幸せ」を思い描く。

4916      心臓は一生のうち、20億回しか拍動することができない。

4917      元気なうちにいろいろ楽しもう。

4918      生涯に飲めるアルコール量は、約500キログラムである。

4919      元気でいられる時間は限られている。

4920      「やらなかったこと」への後悔は大きい。

4921      自分のことは自分で考えて答えを出すものである。

4922      電気のスイッチは使わないときは消す。

4923      出されたものは何でも美味しくいただく。

4924      脱いだものはすぐたたむ。

4925      寝る前は「おやすみなさい」を忘れずに。

4926      家は「家族の成長」のためにある。

4927      「親の恩」はとても返しきれない。子どもたちに返す。

4928      時折、両親からもらった気質、性質を考えてみる。

4929      家に帰ってきたら、すぐ宿題をやってしまおう。

4930      「おともだちとなかよくする。」

4931      命は先祖からずっと受け継がれている。

4932      水道の水を無駄にしない。

4933      自分の皿をすべて食べ終わるまで、「おかわり」しない。

4934      洗面所を使ったら、すぐにさっとひとふきする。

4935      起きたらふとんを整える。

4936      両親にしてもらったことを子どもたちにしてやる。

4937      子どもはいつの間にか成長している。

4938      両親から学んだ生活習慣を家族とアレンジしてみる。

4939      家に帰ったら、すぐに「うがい」と「手洗い」、「着替え」をする。

4940      自分の荷物は自分で持つ。

4941      おじいちゃん、おばあちゃんがいなければ、自分はこの世にいないのである。

4942      お風呂の残り湯はあとで植木にやる。

4943      食事の前には、まわりを片づける。

4944      帰ってきたら「ただいま」のあいさつを忘れずに。

4945      親から受けた愛情は、子どもに返す。

4946      子どもはいつでまでたっても、どんなに大きくなっても「子ども」。

4947      気がついたことはすぐに片づける。

4948      たまには「親の気持ち」を考えてみる。

4949      自分の心と感覚に素直になって生きよう。

4950      自分が持てる範囲の荷物で出かける。

4951      子どもは必ずどこか親に似ている。

4952      仏さまのごはんは、すずめにやる。

4953      脱いだ服はハンガーにかける。

4954      家のお手伝いをする。

4955      家は家族の成長に合わせて、年々住まい方を変えていく。

4956      子どもの得意話、自慢話を聴いてやる。

4957      義理の父母を自分の両親と同じように大切にする。

4958      勉強でわからないことがあったら、学校の先生に聴く。

4959      自分のことは自分でやる。

4960      身の回りをきれいにしておく。

4961      子どもたちに、自分の何を伝えられるだろうか。

4962      お墓参りは子どもたちと一緒に行く。

4963      「たまごのカラ」は、「おもと」にあげる。

4964      夏は「打ち水」で涼をとる。

4965      「行って参ります」を忘れずに。

4966      朝起きたら、庭と家のまわりのそうじをする。

4967      家の「汚れ」や「キズ」は家族の想い出。

4968      死ぬときは「満足して」死にたい。

4969      子どもたちがだんだん自分に似てくるのはうれしい。

4970      プレゼントにお花を贈る習慣をつくる。

4971      すいかは冷やしすぎない、井戸水がちょうどいい。

4972      食事の前には「いただきます」を忘れずに。

4973      郵便物は、宛名の人に渡す。

4974      柱のキズのひとつひとつが想い出。

4975      死ぬとき、家族に感謝して死ねるように生きる。

4976      子どもには、祖父母を尊敬できるように教える。

4977      出がけにあわてることのないように、前の日に準備しておく。

4978      先に生きている人の言うことに耳を傾ける。

4979      子どもたちの心の中に「何か」を残してやりたい。

4980      記念日には花束を!

4981      食事のあとは「ごちそうさまでした」を忘れずに。

4982      家族とのピクニックは楽しい。

4983      家はメンテナンスしながら育てる。

4984      だんだんに、そしてゆっくりと時間をかけて「家族」になっていく。

4985      親孝行は「できる範囲」でいい。

4986      枕は親の頭と一緒である。

4987      新聞や本を踏まない。

4988      自分がいなくなっても大丈夫なように子育てをする。

4989      子どもたちの心の中に「やさしさの種」を蒔いておく。

4990      麦茶で身体を冷やす。

4991      朝起きたら、まず家族に「おはよう!」。

4992      子育ては三世代で。

4993      自分の親はどのくらい我慢したのだろうかと考えてみる。

4994      家族の生活はいつも「泣き笑い」。

4995      夜に口笛を吹かない。

4996      すべてのモノに神さまが宿っている。

4997      人生は楽しむためにある。

4998      家族と一緒にいると、つい笑っちゃう!

4999      人生の終わりに、ゆっくりと振り返る時間はない。

5000      この世に生まれてきたことを両親に感謝!