enjoyhacks’s blog

時間は命

エンジョイハックス(enjoyhacks)4000

3001      ブランドは「数字では計れないコト」である。

3002      「どこでもドア」をサイバーネット上につくる。

3003      家庭の事は何をおいても最優先にする。

3004      今できることを思いっきりやる。

3005      何も用事がない一日は長く感じる。

3006      「くもり空」を見た時は、「雨が降ったらやだな」ではなく「晴れるといいな」と考える。

3007      なるべくローデータにあたる。

3008      能力や才能は人が喜ぶことに使う。

3009      人生は物語のようなものである。そして、自分が主人公。

3010      歩幅を広げると自信が出る。

3011      「沈黙」というコミュニケーション手段を味方につける。

3012      人生のストックを減らすと楽になる。

3013      「エクセレンス」のイメージ、期待感を相手に与える。

3014      「自分自身がブランド」となるように自分を磨く。

3015      「いすの数」には限りがあるので、座れない時もある。

3016      重いもの、かさばるものは近くで買う。

3017      扉があったら必ずあけてみよう。

3018      本屋で自分の関心事を見つける。

3019      待ち時間は「神さまがくれたブレイク」と考えよう。

3020      自信のない顔はしない。

3021      サインやマークは人が直感的にわかりやすいものを使う。

3022      「今」という時間を味わう。

3023      自信は歩き方から。

3024      「失敗談」は共有する。

3025      そもそも適量ならストック場所はいらない。

3026      洗練された「高品質の生き方」をする。

3027      僕自身がブランドだと思う。

3028      窓があったら開けてみる。

3029      配達してもらえるものは配達してもらう。

3030      「日々のなにげないこと」を楽しむ。

3031      本屋で目にとまったキーワードを掘り下げる。

3032      時間がないときは、「充実感」を受け止める。

3033      話術で人に勝とうとしない。話のうまい人はたくさんいる。

3034      待たされている時間は長く感じる。

3035      子どもの時は「失敗する」なんて考えなかったはず。

3036      「すみません」ではなく「ありがとう」。

3037      「一瞬」の積み重ねが人生である。まるで一枚の紙を重ねて本をつくるようである。

3038      思いついたらすぐメモをする。

3039      「一回目」を正しく行う。

3040      雨の日は「そうじの日」にしよう。

3041      対人関係は「ゆるやかなつながり」が楽である。

3042      夕暮れのひとときを楽しむ。

3043      気持ちの持ち方で時間の流れは変わる。

3044      「高級感」を意識的に演出する。

3045      頭の中では、いつでも自分の好きなことができる。

3046      「チャンス」は準備した人にしか見えない。

3047      考えてから進まないと、テマヒマがかかってしまう。

3048      すぐに思い出してもらえるブランドをつくる。

3049      「時間があったら…。」の時間はない。

3050      「近道を探す」ために本を読む。

3051      プライベートは「楽しい」か「楽しくないか」で決める。

3052      「アウェイ」でこそ力を発揮しよう。

3053      エレベーターの「閉」ボタンは押さない。

3054      「誰を知っているか」より「誰に知られているか」である。

3055      人に「紹介される」人間になる。

3056      先に「やりたいことの時間」をキープする。

3057      晴れの日は「晴れてよかったね」と声に出して言ってみる。

3058      幸せを感じた時は、口に出して言ってみる。

3059      人生最悪のことは、滅多に起こらない。

3060      やることがない時間は長く感じる。

3061      楽しみは「日々の小さなこと」にある。

3062      青い鳥は自分の庭にいる。

3063      少ないツールを工夫してうまく使う。

3064      夜はパソコンを開かない。

3065      浪費を習慣にしない。

3066      努力は「量」ではなく「質」である。

3067      自分を追い込んでみるとレベルアップする。

3068      笑うと楽しくなる。

3069      相手との共通点を見つける。

3070      「自分にはムリだ」と思ってしまうと、そこで止まってしまう。

3071      寝つきがいいことは素晴らしいことである。

3072      名刺を出さずに自分を語る。

3073      「会ってみたい」と思わせるプロフィールをつくる。

3074      テマヒマかけないで済むように勉強する。

3075      時間がないときは、人から教わろう。

3076      「近いうちにまた…。」の近いうちはない。

3077      人生を人に預けない。

3078      ものごとの先送りは「借金」と同じである。

3079      運は「つかむ」ものである。

3080      「考え出す」より「まねる」。

3081      すぐに思い出せるイメージをつくる。

3082      「ヒマな時にでも…。」のヒマはない。

3083      本を読むと時間が増える。

3084      仕事に精を出しても、職場に精を出さない。

3085      「かっこいい」と思うことはどんどんやってみよう。

3086      自分に合うかどうかは後から考えればいい。

3087      オーソドックスな服を上品に着こなす。

3088      おしゃれな小物を使いこなす。

3089      やる気が出ない時には、ひたすら作業をする。

3090      夜にメールをしない。

3091      前回の半分の時間で作業を終わらせる。

3092      自分のホームに相手を呼び込む。

3093      人に教えることによって、自分の「強み」にしてしまう。

3094      人に「ライフスタイルの提案」ができるような生き方をする。

3095      上司を相手にしているヒマはない。

3096      自己紹介は簡単にする。

3097      二次会には行かない。

3098      「弱み」を受け入れる。

3099      エスカレーターで歩かない。

3100      「キャリア」よりも「プロフィール」である。

3101      ムリに「売り込み」はしない。

3102      「人に聞く」スキルをもつ。

3103      本を出すことは「目標」であるが、「目的」ではない。

3104      人に聴いた方がテマヒマがかからない。

3105      「また今度…。」の今度はない。

3106      インプットだけではただの自己満足である。

3107      ライフスタイルは「選択する」ものである。

3108      プライベートは合理的でなくていい。

3109      ビジネスに「100点満点」はいらない。

3110      意識的に「無意識化」する。

3111      人脈は「自分が誰に知られているか」である。

3112      名刺は人脈ではない。

3113      読書はトレーニングである。

3114      「矢面に立つ」ことはチャンスである。

3115      あせっている時は時間の流れが速く感じる。

3116      やることが多いときは、時間の流れが速い。

3117      楽しい時は「あっという間」に感じる。

3118      充実している時は、時間の流れが速い。

3119      退屈な時間は長く感じる。

3120      時には目的を持たずに外に出よう。

3121      何も考えないで歩いていると、思わぬ発見がある。

3122      七色の花は自分の家の裏庭に咲いている。

3123      パンフレットはなるべくシンプルにつくる。

3124      美味しいものを食べた時は「おいしいね」と口に出して言ってみる。

3125      朝3分、やることを考えてみる。

3126      「部屋の散らかり」は「心の散らかり」。

3127      実力より少し背伸びしてみる。

3128      仕事ができないのは、「時間に余裕がある」からである。

3129      相手のホームグラウンドに敢えて飛び込んでみる。

3130      人と会うときはテーマを決める。

3131      ピンチをチャンスに変える。

3132      やり始めてから「本当にやりたいこと」がわかる。

3133      名刺はとにかく捨てること。

3134      インプットが少ない人はつまらない。

3135      勉強をするのは、テマヒマかけないためである。

3136      一生のうち、使い切れる筆記具の数はそう多くない。

3137      使わない時計の電池はもったいない。

3138      特殊な調味料は最後まで使い切ることなく冷蔵庫に眠っている。

3139      毎日使うものこそ、「いいもの」を使う。

3140      「今日のテーマ」を決めておく。

3141      一日一つ何かできるようになると、いずれは「得意なもの」だらけになる。

3142      シンプルなものは飽きがこない。

3143      いつでも「スタンバイOK」にしておく。

3144      職場の人間関係は「今年限り」と考えよう。

3145      いつでも「トップギア」に入れる準備をしておこう。

3146      「倒れそうなもの」を支えようとしてけがをしないこと。

3147      変化する環境はアドバンテージをとりやすい。

3148      「場所」と「時間」に縛られない。

3149      「時間を売る生き方」はしない。

3150      机の引出しに道具を入れない。

3151      お金をいくら持っていても、「安心感」は買えない。

3152      「自分にとって大切なことは何か」を常に問いかける。

3153      生産性を高めるスキルを身につける。

3154      できるだけ自分に投資する。

3155      薄くなって着れなくなるまで着る服は、一生のうち何着あるか。

3156      一日一つ、人にものを教える。

3157      「仕事」なのか「遊び」なのかはまわりが評価する。

3158      何にも依存せず、自由に生きよう。

3159      年収が上がっても、生活水準は上げないこと。

3160      本職を失っても大丈夫なように準備する。

3161      ライフスタイルをワークスタイルに活かす。

3162      お金と時間だけあっても幸せにはなれない。

3163      コストを下げれば楽になる。

3164      一定時間で仕事を終わらせる。

3165      拘束される時間を減らす。

3166      歩きながらアイディアを見つける。

3167      アウトソーシングできるものはする。

3168      写真によるコミュニケーションをする。

3169      「馴れ合い」にならない。

3170      「サザエさんシンドローム」を恐れない。

3171      誰にも負けない「強み」をつくる。

3172      「やりたいこと」は今すぐ始めないとずっとできない。

3173      石橋を叩く前に「渡り切る」。

3174      常に目的を意識し、そこからはずれないダンドリをする。

3175      「完璧」できなく「最良」をめざす。

3176      仕事を並行処理しない。

3177      「ビッグマウス」を意識的に使う。

3178      「時間の財布」のヒモはきつくする。

3179      朝のスタートダッシュをうまく切ること。

3180      「弱さ」を見せて、相手のフトコロに入り込む。

3181      ビジョンを具体的に持つこと。

3182      リーダーはメンバーの潤滑油となること。

3183      リーダーは「何があってもやり抜く」こと。

3184      ペアで作業をする。

3185      自分が接して欲しいように相手に接する。

3186      自分の使命を果たせ。

3187      自分の恥ずかしい話を入れて話をする。

3188      「緊張しなくていいよ」と言うと、相手は緊張する。

3189      「~すべき」という言葉は避ける。

3190      「日曜日」は「週末か」?。

3191      決断は「スピード感」をもってする。

3192      ノンバーバルコミュニケーションを大切にする。

3193      すべて自分でやろうとすると、「自分にしかできないこと」ができなくなる。

3194      「今必要なこと」を「必要な分だけ」やる。

3195      わからないところは取りあえずとばす。

3196      「仕事の完了」を定義してから始める。

3197      苦手科目の克服法は「あきらめる」こと。

3198      不安や心配を捨てる。

3199      人生の残り時間にシビアになれ。

3200      いつも片手はあけておく。

3201      正論を言う時は、「控えめ」に言う。

3202      リーダーは「チーム全体の視野」を持つこと。

3203      リーダーは説明を上手にすること。

3204      リーダーは時間の達人であること。

3205      人をワクワクさせるような人になる。

3206      「カリスマ」とは、ギリシャ語で「天賦の品性」という意味である。

3207      まわりのアイディアを活用して目的を達成する。

3208      断る時は、笑顔で代案を出す。

3209      「リーディング」話法を使う。

3210      アナログ時計の文字盤は1/2,1/3,1/4,1/6,1/12など感覚的にわかる。

3211      決められない時は、部分ごとに分けて考える。

3212      通勤時間は、頭と心のフィードバックに使う。

3213      テレビの時間は「死んだ時間」である。

3214      相手は目的を達成するために依頼している。

3215      無駄なことは行わず、確実に結果を出す。

3216      一つ一つ仕事を終わらせながら進める。

3217      「先延ばしグセ」をやめる。

3218      満員電車に乗るのをやめれば、時間が増える。

3219      朝は「特Aランク」の話だけする。

3220      清濁併せ呑む。

3221      リーダーは「全体を最適化」する視野でいること。

3222      リーダーは自信をもつこと。

3223      リーダーは「着手」が早いこと。

3224      頼みごとは、電話、メール、手紙、訪問を駆使する。

3225      出口のないトンネルはない。

3226      「天から与えられた能力」は人のために使うこと。

3227      「おおげさ」に話をする。

3228      にこやかに相手に「勝ち」を譲る。

3229      時間は主観的なものである。

3230      「頼れる人」を持っておくこと。

3231      リビング・ダイニングは「一分間書斎」である。

3232      すべて早めに動くこと。

3233      限られた条件とリソースで最大限のパフォーマンスを出す。

3234      勝手な思い込みで、相手の期待しているものと違うものをつくらない。

3235      作業が一つ終わったら、「終了!」と声に出して言う。

3236      「がんばりすぎ」をやめる。

3237      前日に準備をしておくと、手持ちの時間が増える。

3238      一点に集中して突破する。

3239      お酒は「たしなむ程度」にする。

3240      リーダーが仮説を立て、メンバーに選択肢を多く示すこと。

3241      リーダーは仕事ができること。

3242      リーダーは常にアンテナを張り、情報収集力を持つこと。

3243      頼んだことは、「念押し」「確認」「ありがとう」で完結させる。

3244      「今できない」のは、「方法が見つからない」だけである。

3245      「品性」がなければ「二流」である。

3246      自分のビジョンをを相手にわかる言葉で伝える。

3247      交渉は、すべての書類を整えて、あとは「相手が押印するだけ」にしておく。

3248      議論では、「後攻め」が有利である。

3249      相手が全体の話がわからなくても、要点をまとめてあげてわからせる。

3250      世の中「確実なこと」など何もない。

3251      一生のうち、消しゴムは何個使い切るか。

3252      一日一つのアウトプットを続ける。

3253      「落ちそうなもの」を止めようとして、怪我をしないこと。

3254      何をするにしても、その道で「卓越」すること。

3255      今のままでは、「マイナス成長」と同じである。

3256      年収が上がった時、支出に気をつける。

3257      職場がつぶれても大丈夫なように準備しておくこと。

3258      時間給の仕事はしない。

3259      お金と時間は大切な人のために使う。

3260      小遣い稼ぎの副業はしない。

3261      「定期的な拘束」を排除する。

3262      「始めること」に定年はない。いつからでも始められる。

3263      文字は手書きで書く。

3264      何か人の役に立つものを発信する。

3265      モティベーションを下げないようにキープする。

3266      24時間はみんなに平等ではない。

3267      「子供の時間」と「大人の時間」は速さが違う。

3268      家族が増えると楽しみが増える。

3269      片づけは「習慣」にする。

3270      季節の行事を楽しみにする。

3271      今まで使い切った「のり」はいくつあるか。

3272      飲食は自腹で。

3273      時代の変化は「チャンス」ととらえる。

3274      デスクにしばられない仕事をする。

3275      常に「種まき」をしておく。

3276      人を抱え込まない。

3277      机の引出しにモノを入れると、机にしばられる。

3278      「消費」は使ったら「ゼロ」になるもの。

3279      身軽でないと動けない。

3280      拘束される道具を使わない。

3281      スーパーカーを持つことが「かっこよさ」ではない。

3282      すべて「自己責任」で行う。

3283      ノンバーバルコミュニケーションを駆使する。

3284      時間割があるから物事がうまく進む。

3285      「旬のもの」を楽しみに生きる。

3286      「守り」にはいらないこと。

3287      今よりスピードアップする。

3288      生産性が低い人は「寝不足」になりやすい。

3289      「始めること」ができれば、もう半分できたも同然。

3290      相手の攻撃にひるまないこと。

3291      割れるまで使い切った食器はどのくらいあるか。

3292      使いこなせる道具を使うこと。

3293      仕事はオフィスでなくてもできる。

3294      環境の変化を「チャンス」ととらえる。

3295      デスクトップパソコンは縛られるので持たない。

3296      人に値切られるような生き方をしない。

3297      ペットは飼わない。

3298      情報はすべて同期しておく。

3299      「投資」は「リターン」につながる。

3300      「便利さ」を携帯する。

3301      拘束される人間関係を減らす。

3302      「所有」ではなく「経験」にお金を使う。

3303      「効率化」を否定しない。

3304      「今やろうと思っていたのに」は、自分でも気にしている証拠。

3305      季節の移り変わりを楽しむ。

3306      「二元論」で考えないこと。

3307      週末をマネジメントする。

3308      睡眠時間は最優先でキープする。

3309      ノルマは一日1分。取りあえず続けること。

3310      自分が発信した分だけ情報は得られる。

3311      今まで何本ボールペンを使い切ったか。

3312      残業代をもらわないことを基本とする。

3313      家族のためにお金を使う。

3314      情報はいつでも取り出せるようにする。

3315      ベースをしっかりさせるには「集中」と「我慢」。

3316      お金に関する事は、専門家にアウトソーシングする。

3317      身につけられる道具だけで仕事をこなす。

3318      「浪費」は無駄遣い。マイナスにしかならない。

3319      持っているものを半分にする。

3320      どこでも生活できるようにする。

3321      たくさん持っていても「かっこよく」ない。

3322      何も考えずに、いきなり人に答えを聞くのは失礼である。

3323      世代の違う人と話してみる。

3324      「しめきり効果」を逆手に取ろう。

3325      「雨の日」を楽しむゆとりを持つ。

3326      「未来」についてあれこれ考えるよりも、「今日」のことに集中しよう。

3327      「週末」は木曜日の夕方からすでに始まっている。

3328      100%を求めていては「決断」はできない。

3329      「石の上にも10年」。

3330      課題提示の部分で相手をつかむこと。

3331      今まで使い切らなかったノートは何冊あるか。

3332      「モノ」にお金を使わない。

3333      年間300万円で生活する工夫をする。

3334      常に「ビジネス」のことを考える。

3335      お金のことはアウトソーシングする。

3336      持ち歩けるだけのツールで仕事をこなす。

3337      浪費は極力カットする。

3338      カードは「ステータス」ではなく、「サービス」と「機能」で選ぶ。

3339      「仕事」ではなく「ビジネス」のことを考える。

3340      「何をすればよいか」を常に考えること。

3341      前向きに「シンプルライフ」を送る。

3342      決断は必ず自分でする。

3343      早起きは人生最大のスキルである。

3344      試験時間はあっという間に過ぎる。

3345      天気の悪い日は「それなりに」楽しむ。

3346      「自信」をもって生きること。

3347      細切れ時間は「砂金」と同じである。

3348      5分で決断できないことは、一生決められない。

3349      成果がでるまでやり続けると必ず成果が出る。

3350      平均点の相手でも「ほめる」。

3351      新しい経験のためにお金を使う。

3352      「副業」ではなく「複業」を考える。

3353      机の引出しは空っぽにしておく。

3354      道具は常に身につけて持ち歩く。

3355      消費はできるだけおさえる。

3356      消費を半分にしてみる。

3357      いろいろな人がいて、丁度良い。

3358      「持てるけど敢えて持たない」ことを選択する。

3359      情報は常にアップデートしておく。

3360      手段は何でもいいからとにかく「始めてみる」こと。

3361      「いつもと違うこと」をやってみる。

3362      「追われている時間」は早い。

3363      家にいても気持ちの持ちようで「バカンス」になる。

3364      自分の特性を理解する。

3365      朝の1時間は、昼の2時間、夕方の3時間、夜の5時間に匹敵する。

3366      「財布の痛み」は拘束力となる。

3367      仕事の目的をはっきりさせる。

3368      相手の目的を確認してから動く。

3369      1つの仕事が終わったら、一旦デスクを片付ける。

3370      納期に数がそろわなかったら、「人から買ってでも」間に合わせる。

3371      「短気は損気」である。

3372      昼休みの半分は読書をする。

3373      タイムシェアリング法を使って仕事を進める。

3374      自分の「ブレイン」を持つこと。

3375      リーダーはリスクが見えていること。

3376      リーダーはペースメーカーであること。

3377      リーダーは「リカバリー力」があること。

3378      前夜のイメージトレーニングが効果的である。

3379      「使命感のある人」に人はついてくる。

3380      問題は時間をかけてきっちり解決しよう。

3381      人生においては、「若干の不安定さ」がスパイスとなる。

3382      「やらない言い訳」を考えない。

3383      「怖い」と感じるのは、行動を始める時だけである。

3384      組織の中で「自分に何が求められているか」を意識する。

3385      人生最大のリスクは「何もしないこと」である。

3386      目的のためには「こだわり」を捨てる。

3387      マイルストーンを確認しながら進む。

3388      試験は一科目だけ満点を取っても、合格できない。

3389      機能していない「8割」を捨てる。

3390      二次会は次の日をダメにする。

3391      ワークシェアリング法を使って仕事を進める。

3392      リーダーは「周りとの調整力」を持っていること。

3393      リーダーはわかりやすいこと。

3394      リーダーは「何をやらないか、何をやめるか」を考えること。

3395      相手に優先順位をあらかじめ伝える。

3396      「情熱のある人」に人はついてくる。

3397      問題解決の具体的なアドバイスを出すこと。

3398      言葉と行動に一貫性を持たせること。

3399      「貢献したい」という気持ちが原動力になる。

3400      チャーリーズエンジェルズの「チャーリー」のようになる。

3401      アイディアで戦略をつくる。

3402      見出しは興味のある人のために書く。

3403      「すみません」ではなく「ありがとう」と感謝の意を伝える。

3404      仕事に追われると「しなければいけないこと」だけに追われることになる。

3405      人生最大のリスクは「動かないこと」である。

3406      相手の優先事項を確認しながら進める。

3407      失敗には早めに見切りをつけて、「リスタート」する。

3408      「数値化」と「図解化」でわかりやすく説明する。

3409      「フォーマット」をたくさん持っていると、時間が増える。

3410      休憩時間を定時に設定してみる。

3411      リーダーはメンバーの役割分担を適切にすること。

3412      リーダーは「朝令暮改」を恐れないこと。

3413      悪い習慣はすぐにやめること。

3414      伝言メモを上手に使いこなすこと。

3415      問題から逃げないで、解決することに集中する。

3416      常に「ウイット」と「自信」を持つこと。

3417      言動と行動に一貫性を持たせること。

3418      人にお金を使わせるようなアイディアをつくる。

3419      エレベーターでは「After You!」。

3420      「なりたい自分」を紙に書き出してみる。

3421      一日のテーマを自分で決めてみる。

3422      財布は上等なものを使う。

3423      人を動かすスキルを身につける。

3424      「趣味」は「紳士のたしなみ」である。

3425      途中で一度立ち止まって確認してみること。

3426      人は「人から期待されること」でのびる。

3427      そのことが得意な人から聞いてみる。

3428      得意な人の型を真似てみる。

3429      「正論」が必ず通るとは限らない。

3430      リーダーはチームの目的・目標を適切・明確に定めること。

3431      リーダーは、現場を常に見ること、見えていること。

3432      時間管理の主導権を人に渡さないこと。

3433      朝にエネルギーを集中しよう。

3434      自分が動けば相手も動く。

3435      状況の変化を「感じる」のではなく「活用する」。

3436      相手にしてほしいことを文章化する。

3437      ドアの前では立ち止まり、「お先にどうぞ」と声をかける。

3438      「おしゃれ」だと思うことをピックアップしてみる。

3439      日用品は「本当に必要なもの」以外買わない。

3440      買い物は一人で行く。

3441      1日の終わりにテーブル・机をきれいに片付ける。

3442      リーダーはチームのスケジューリングを適切にすること。

3443      リーダーは「上も動かせる」能力を持っていること。

3444      「頼み上手」になるには「素早く連絡すること」。

3445      信念のある言動をしよう。

3446      人は誰でも「価値のある存在」として扱われたいとおもっている。

3447      モティベーションは「希望」によって高まる。

3448      相手を想定して文章を書く。

3449      「どうぞ」のひとことを大切にする。

3450      気がついた所からきれいにする。

3451      職場のロッカーはきれいにしておく。

3452      心配の原因がわかれば、半分解決したも同然。

3453      知的な人は相手によって態度を変えない。

3454      大切なものの順位を考える。

3455      本当に欲しいものだけ手に入れる。

3456      必要なものはたいがいすでに持っている。

3457      車の維持費100万円で、2000円のタクシー代500回分乗れる。

3458      実家の近くに家を持つ。

3459      職場や近所に旅のおみやげを買ってこない。

3460      できない人は、能力不足をお金や環境のせいにする。

3461      「感謝」の反対語は「あたりまえ」。

3462      自分の「在り方」を考える。

3463      人は「ワク」があると「埋めたく」なる。

3464      「手帳を開くこと」は「人生を拓く」こと。

3465      「箱」を用意すると「中身」が入ってくる。

3466      幸せは「バイキング料理」、いろいろなものが、いくらでも用意されている。

3467      リーダーはメンバーの「立場」や「気持ち」に配慮すること。

3468      リーダーは常に信念を持って行動すること。

3469      「信念の背中」で人を動かす。

3470      誰もが「認められたい」と思っている。

3471      「得意なこと」を集中的にやる。

3472      多く語ってPRする。

3473      たくさんの色の名前を覚えて、会話の中で楽しく使う。

3474      「本当にしたいこと」だけをする。

3475      「のど元過ぎれば、熱さを忘れる。」

3476      朝は一時間早く起き、夜は一時間早く寝る。

3477      散歩という「小さな旅」を楽しむ。

3478      「あきらめる」とは「明らめる」こと。原因をはっきりさせること。

3479      「充実した一日」の夜に良く眠れるように一生を生きたい。

3480      自分自身が最大の財産である。

3481      「頭としっぽはくれてやれ」。

3482      「良い方に考える」のではなく「良い方に感じる」こと。

3483      人生は観光旅行、思ったより時間がないので楽しもう。

3484      メモ用紙がないときは、どこにでもいいからメモしよう。

3485      「貴人」とは知性と人徳のある人。

3486      「成功する人」は「人を感動させる人」。

3487      「人が喜ぶこと」自体を喜べる人になる。

3488      評判はお金では買えない。

3489      数字に関することは正確にメモする。

3490      人に確認や心配をさせないようにする。

3491      「多謝」という言葉を贈る。

3492      リーダーはいつも率先垂範、とにかくやってみること。

3493      リーダーは「上司との関係力」に優れていること。

3494      信念のある仕事をする。

3495      「自尊感情」で人を動かす。

3496      「ちいさな成功」をバネにする。

3497      サンプルを提供して、相手にわかってもらう。

3498      クローゼットの中身を常に把握しておく。

3499      「かんばります」より「ベストを尽くします」と答える。

3500      年齢にあわせて、生活を「割り引く」。

3501      「沈黙」や「無音」を楽しむ。

3502      モノには命がある。

3503      ポイントを絞り込んで贅沢をする。

3504      「もう少し・・・」のところでやめて、切り上げること。

3505      「一口の美味しいもの」を堪能する。

3506      「買いたいモノ」が尽きたら、君はどうするの。

3507      スナフキンのような「自由と孤独」を愛する旅人になろう。

3508      「ないもの」以外は全部ある。

3509      「ツイてる」「愉快」「ありがとう」という言葉を使う。

3510      人生には楽しいことをする時間しかない。

3511      「正しい」から「楽しい」へシフトする。

3512      時には自分に花束をあげる。

3513      健康は命より大事。命があっても健康でないと選択肢が少なくなる。

3514      手帳を開くと人生が拓ける。

3515      お金は、人から感謝された時にもらう「感謝状」である。

3516      「必死」にならないこと、必ず死んでしまう。

3517      もうこれ以上がんばらなくていい。

3518      金持ちになりたければ、「金を守る」こと。

3519      健康管理は、紳士のたしなみ。

3520      自分の持ち物は大切に扱う。

3521      相手には、「予告」と「確認」をしてから伝える。

3522      共感の返事を会話に入れて相手に伝える。

3523      人をうまく「巻き込む」。

3524      相手の言うことはすぐに否定しない。

3525      いつでも、どこでも、誰にでも、堂々とふるまう。

3526      人の背後から声をかけない。

3527      乗り物からあわてて降りない。

3528      言葉の力で人を幸せにしたい。

3529      できないことがあっても何の問題もない。

3530      人の時間をムダにすることは、お金をムダにすることと同じことである。

3531      新聞は、朝一番に目を通す。

3532      靴は人目につかないように揃えておく。

3533      相手に「自分が責任をもたなくては」と思わせる。

3534      集合知を自分の知識として使う。

3535      情報は自分で再構築できなければ意味がない。

3536      競争は「楽しむもの」である。

3537      本を読むことは「考えるチャンス」を得ることである。

3538      ダラダラ学ぶより、集中して、目的を持って学ぶ。

3539      相手には「いばらない」そして「こびない」。

3540      相手の良いところを具体的にほめる。

3541      「溢れているモノ」たちは心の不満のあらわれである。

3542      店に縛られない。

3543      「一枚のレッテル」を貼るのではなく、「多くのタグ」をつける。

3544      そのことをやる目的をはっきりさせること。

3545      すべての知識を記憶しなくても、「理解」していれば対応できる。

3546      古本屋で本を買う。

3547      「自信」「ビジョン」「リーダーシップ」「実績」のスパイラルをつくる。

3548      相手のプライドは傷つけない。

3549      なんとなく「いい感じ」で生きる。

3550      人は「枠」や「欄」があると、つい埋めたくなる習性がある。

3551      「仕事ができる人」「すごい人」の近くにいて刺激を受けよう。

3552      組織全員が経営者のつもりで仕事をすること。

3553      「クッション言葉」をうまく使う。

3554      話す前に「沈黙」をうまく使うこと。

3555      相手に「はい」「そうです」と言わせる質問をする。

3556      姿勢は自信のあらわれである。

3557      メンバー全員に同じ態度、気くばりをする。

3558      文字の力で人をハッピーにしたい。

3559      大切なものの順位は入れ替わることがある。

3560      人は一日のうち、役割を次々と変えている。

3561      読んでいない本があっても罪の意識をもたないこと。

3562      読書は「作業」、手順が大切である。

3563      「ワクワクするようなこと」をしよう。

3564      「悲観的な人」とはつき合わない。

3565      批判の質を分析すると対策が生まれる。

3566      「ないものねだり」はしない。

3567      「手帳を開くこと」は「人生を拓くこと」である。

3568      組織全体の目的、ビジョン、ミッションを充分に理解すること。

3569      ダンドリは「目的」と「具体的なイメージ」から考える。

3570      創業者のつもりで仕事をする。

3571      片付けると家は案外広いものである。

3572      銀行は天気の良いときに傘を貸し、雨が降ったら「返せ」と言う。

3573      いつも手荷物は少なめにする。

3574      他人に気遣いのできる人たちとつき合う。

3575      「バックトラッキング」でオウム返しをする。

3576      「忙しいところ申し訳ない」とはじめに言うこと。

3577      相手とは90度か斜めになるように位置取りをすると話しやすい。

3578      片足に体重をかけて立たないように心がける。

3579      「ありがとう」そのひとことが「ごほうび」だ。

3580      「良い旅を!」。

3581      「届いている」ことと「受け取る」ことは違う。

3582      目的をはっきり持って行動する。

3583      本は読まない部分があっても良いと考えよう。

3584      学ぶ時の最も大きな問題は、「なかなか始められない」ことである。

3585      「やり方」は無限にある。

3586      得意なことを伸ばす。

3587      批判は誰にでもできるが、「解決策」はなかなか示せない。

3588      幸せは「感じるもの」である。

3589      箱を用意すれば、必ず中身が入ってくる。

3590      今ある材料で確かな判断を迅速におこなう。

3591      優先順位を決めること自体にテマヒマかけない。

3592      相手の時間泥棒にならないようにする。

3593      ツールを使うこと自体がタスクにならないようにする。

3594      「いつか」「そのうち」「今度」は永久にこない。

3595      「金がないから何もできない」という人は、金があっても何もできない。

3596      情報のアウトプットをしない時はインプットする。

3597      ペンを必ず持ち歩く。

3598      オープンクエスチョンで質問をする。

3599      「お手数をおかけしますが」と最初に言うこと。

3600      人の話は遮らずに終わりまで聴くこと。

3601      「受け取り上手」になる。

3602      「ナンバーワン」ではなく「オンリーワン」になる。

3603      「良い週末を!」。

3604      自分に関係のある情報は耳に届きやすい。

3605      本は最後まで読まなくていい。

3606      まずは新書など手に取りやすい本から読むと良い。

3607      「出口のないトンネル」はない。必ず出口にたどり着く。

3608      「やるしかない」という覚悟で取り組む。

3609      火山があったら噴火がおさまるまで待つこと。

3610      「自分はツイてる」と思うこと。

3611      お金は「人からの感謝状」である。感謝されてはじめて手に入るもの。

3612      「理屈をこねる」よりも「ダンドリ」をする。

3613      情報伝達はロスタイムがないようにする。

3614      朝のエネルギーを大切にしよう。

3615      「頭ごなし」にものを言わずに、まず相手の言うことを聴く。

3616      好きな人の生き方をまねしてみる。

3617      禅の「折水」の作法を取り入れる。

3618      「時間がないからできない」という人は、時間があってもできない。

3619      衣類はていねいに扱う。

3620      「わかりやすい言葉」「わかりやすい言いまわし」で話す。

3621      自分の失敗話をきっかけに質問を切り出す。

3622      「手が空いたときでいいので」と最初に言う。

3623      相手の結論を先に言わない。

3624      ニコニコしながら黙って縁を切る。

3625      「良い一日を!」。

3626      「何のためにその本を読むのか」を決める。

3627      本はまず読んでみること。

3628      「今」できなくても「いつか」できるかも知れない。

3629      自分のビジョンに人を巻き込んでいく。

3630      台風に遭遇したら、通り過ぎるのを待つ。

3631      「丈夫」とは「立派な人」のこと。

3632      同じ失敗を二度くり返さないこと。

3633      情報伝達は、何度も確認の必要がないようにする。

3634      チームの存在意義をメンバーみんなで共有する。

3635      リーダーは「勇気」と「誇り」を共有すること。

3636      ダンドリは「誰が、何を、いつやるか」を決めること。

3637      週のはじめは、まず元気!

3638      毎週末に年末大掃除のつもりで整理する。

3639      「いい話」は共有しよう。

3640      「時間」をテコにして、ものごとを動かす。

3641      ものごとをうまく「スルー」させる。

3642      「情報洪水」といっても、高々知れている。

3643      知らない言葉はアウトプットできない。

3644      いろいろな意見の本をたくさん読む。

3645      情報はアウトプットしてこそインプットが活かされる。

3646      「教えてくれる人」資産を増やそう。

3647      相手には、誠実に対応する。

3648      ものごとをやらないことは、「怠慢」か「忙しいから」か。

3649      相手にとっての「メリット」を示して話す。

3650      「自分にウソをついているヒマ」は人生にない。

3651      数字をツールとして使いこなす。

3652      「What's new?」

3653      チーム全員が主体的に動くように段取りをする。

3654      ものごとは、ある一定の成果物として形にすると、格段に価値が増す。

3655      すべて時間が解決してくれる。

3656      情報の「送り手」になる。

3657      いまや「コミュニティ」に拘束力はなく、単なる「場所」である。

3658      問題意識を軸に自分のテーマを持つこと。

3659      ものごとを「簡略化」して伝えるとわかりやすい。

3660      本は「本そのもの」ではなく、「中身」が大切である。

3661      「知っていること」は「人に伝える」「実践する」。

3662      とにかく「問題解決」に集中すること。

3663      言われていないことをやるのは、「出しゃばり」か「積極的」か。

3664      「ギラギラ」しないで「キラキラ」の人になること。

3665      人生はプレゼンテーションである。

3666      「良い休日を!」

3667      「取りあえずビール」ではなく、「まずビール」と積極的に言う。

3668      目的意識が明確になっていると「強迫観念」に負けないですむ。

3669      一ヶ月かけて100点を取るより、1日で60点取る方が良い。

3670      結論を最初と最後に2回言う。

3671      「明確なビジョン」を相手にわかりやすく伝える。

3672      地震がきたら、揺れがおさまるのを待つこと。

3673      「大丈夫」とは仏陀のニックネームである。

3674      ダメージの大きいリスクに無謀なチャレンジをしない。

3675      「人ごと」ではなく、「自分ごと」として考える。

3676      あせる時には、「まだ締め切りまでには充分な時間がある。」と声に出して言う。

3677      「平均値」あたりで一喜一憂しない。

3678      うすい参考書をくり返し学ぶこと。

3679      本は、目次で問題解決の糸口をつかむ。

3680      内省する時間を大切にする。

3681      「逆境」からパワーをもらう。

3682      「飛んできた矢」はよける。

3683      「いいシナリオ」にのっていこう。

3684      「何もしないことによるリスク」は避けよう。

3685      自分の身の丈に合ったツールをとことん使いたおす。

3686      「予備」のために時間、労力、お金を使いすぎないこと。

3687      「バイブル本」は何度も見返すこと。

3688      本の内容は、「なるべく速く」「確実に」吸収する。

3689      リーダーの仕事は、「決めること」である。

3690      言葉と行動に一貫性を持たせる。

3691      洪水にあったら、水が引くまで待つ。

3692      「この人生」に「遊びに来ている」、「リゾートに来ている」と考えよう。

3693      情報交換をする相手をしっかり選ぶこと。

3694      時間は「つぶす」ものではなく、「使いこなす」ものである。

3695      ポイントカードで1円ためるより、5円安い買い物をする。

3696      コミュニティは「出入り自由」でなければならない。

3697      時間がある人ほど工夫をしない。

3698      「相手の理解度」を確認しながら説明する。

3699      知識は「芋づる式」に増える。

3700      本だけでわからなかったことは、インターネットでフォローする。

3701      多くのことを「スキルベース」で無意識に行なえるようにする。

3702      「クレーム」や「問題」は迅速に解決する。

3703      時間がかかってしまうことは「要領が悪いから」か「ていねいだから」か。

3704      負けた者が「勝ち負けは関係ない」と言えば、ただの「負け惜しみ」でしかない。

3705      人生には「楽しいことをする時間」しかない。

3706      「ゴミ」をいくらインプットしてもアウトプットされるのは「ゴミ」だけである。

3707      時間を味方につけるとすべてがうまくいく。

3708      サイバーの世界では、発信した情報がストックされる。

3709      情報は自分で能動的にコントロールする。

3710      本を読むことで、自分の過去の記憶を刺激する。

3711      知識は発信してこそ、自分の知恵となる。

3712      「自分資産」は複利で増やす。

3713      自分が動けば、相手も動き出す。

3714      ルールを守らないことは、「常識はずれ」か「個性的」か。

3715      「実験」だと思って、何でもトライしてみよう。

3716      セレンディプティ、偶然の力を活用しよう。

3717      時間というものは、「あわてている時は足りない」が「ヒマな時は余る」ものである。

3718      「集合知」を自分の知恵として取り込むシステムをつくる。

3719      使わない情報は最初から手に入れない。

3720      「ファミリーテーブル」はあたりまえ、基本である。

3721      「したくないこと」はしない。

3722      「たくさんの情報」をすばやく「斜め読み」する。

3723      実用書は一箇所でも役に立てば充分である。

3724      日常の小さな意思決定の積み重ねが、将来に大きく影響する。

3725      「グチ」を言っていると、「グチ仲間」を引き寄せてしまう。

3726      電話が嫌いなことを相手に伝えておくと、そのうち電話がこなくなる。

3727      嫌な相手には「あだ名」「ニックネーム」をつけてしまう。

3728      現場から離れれば、現場は見えにくくなる。

3729      相手にウケがいいのは、「ゴマすり」か「協力的だから」か。

3730      「和して動ぜず」、ぶれない軸を持つ。

3731      雲の上には必ず青空がある。

3732    ポイントカードでポイントを使えるのは、実質いくら買ってからだろうと考える。

3733      情報は「砂金」のようなもの。

3734      「もれなく」「重なりなく」。

3735      「先行逃切り」でものごとをすすめる。

3736      小さな行動の積み重ねで人は変わっていく。

3737      何のための本を読むのかということをはっきりさせないと、正しくインプットできない。

3738      読書はあくまで「手段」である。

3739      「ポジティブシンキング」を心がける。

3740      「ジャーニー」とは、「旅」であり、「人生」でもある。

3741      ものごとを減らしていくと、「大切なこと」が見えてくる。

3742      「経験知」を「再現性のあるスキル」にしよう。

3743      対人関係の問題の8割はコミュニケーションの問題である。

3744      人に認められるのは、「運が良かった」からか「がんばったから」か。

3745      「夢」を「ビジョン」に変えていく。

3746      サイバーの世界では、情報発信すると、「似たもの」が寄ってくる。

3747      問題意識からフレームワークを見つけ出す。

3748      「勝手に向こうから『人脈』がやってくるような人」になる。

3749      「上質世界」に生きよう。

3750      「小さな考え方」の積み重ねで人は変わっていくものである。

3751      その本を読むことによって、「自分の目的が果たせるか」を考える。

3752      実用的読書の最大の目的は、「課題の解決」である。

3753      ものごとは「前向き」にとらえる。

3754      「批判してもどうにもならないこと」は放っておく。

3755      情報は「とことん絞り込む」こと。

3756      とにかく「真似する」こと。

3757      相手が興味を持つことを話す。

3758      言葉はなるべく短く、簡潔に。

3759      「必死」でやると「必ず死ぬ」。

3760      マイナスの情報を発信するとマイナス人間を引き寄せてしまう。

3761      本は「フロー」と考える。

3762      「有用な情報が向こうから勝手にやってくるような人」になりたい。

3763      アイディアは「生まれる」のではなく「掘りおこす」ものである。

3764      「知識」や「記憶」は活用するためにある。

3765      読書は「知識」ではなく「解決法」を学ぶもの。

3766      「9つの悪いところ」は考えず、「1つの良いところ」に着目する。

3767      何に時間をかけるかを常に考え、選択する。

3768      残業は「バブル」である。

3769      品性がなければ一流になれない。

3770      感情的になったら、自分に負ける。

3771      迷ったら、一旦立ち止まってみる。

3772      失敗から必ず何かを学ぶこと。

3773      「仕事が勝手に向こうからやってくるような人」になりたい。

3774      メール中毒にならないように気をつける。

3775      全体の30%ぐらいは変化させていこう。

3776      クロスワードパズルを解くように頭を整理する。

3777      読書をすることによって、自分が何を考えているのかがわかる。

3778      ものごとは結晶をつくるように、まずコアをつくり、加速度を上げて大きくする。

3779      なるべく「自分のやること」を減らす。

3780      60歳からの「健康」「幸福」「富」をあらかじめ準備しておく。

3781      課題は必ず解決できる。

3782      休む時にはしっかり休む。

3783      「ものさし」が変わると「正しさ」も変わる。

3784      「最良の方法」を学ぶこと。

3785      相手を厳選してつき合うこと。

3786      本を読むことで、「すでに知っていたこと」をより深く理解することができる。

3787      解決策が見えれば、「パニック」にはならない。

3788      そのことに関する知識がなければ、クロスワードパズルは解けない。

3789      「悪いこと」を口にするのではなく、行動することによってその場を避ける。

3790      「やることを効率化」する前に「やることを減らす」。

3791      課題解決のためには「具体的なアイディア」を出すこと。

3792      必ず時が解決してくれるので、味方につけよう。

3793      いつも自分に「はなまる」をあげよう。

3794      睡眠時間は絶対削らないこと。

3795      知的生産物を流通させよう。

3796      自分が今どこにいるかわかれば、「パニック」にならない。

3797      自己肯定しよう。

3798      「目的」によって本の読み方は違う。

3799      与えられた機会は最大限活かす。

3800      切手はいろいろ揃えず、無駄が出ても80円の組み合わせで済ませる。

3801      「遊び心」は人生のスパイスである。

3802      いずれ時が証明してくれる。

3803      朝、目が覚めたら、「目が覚めたこと」に感謝しよう。

3804      本はたった数時間で他人の人生を教えてもらえるツールである。

3805      酒を飲みすぎると思考が停止してしまう。

3806      その読書にどのぐらい時間をかけられるのかを考える。

3807      「直感」はわりと正しいことが多い。

3808      モティベーションは「希望」から生まれる。

3809      カラスに襲われた鷹のように、上空にさっと逃げる。

3810      「天気」は「天」の「気」、自然にまかせよう。

3811      今持っている「一番良いもの」から使うと、常に「一番良いもの」を使うことになる。

3812      忙しい時こそ、人のために一肌脱ごう。

3813      「場所」や「スペース」は最大の「生きてるコスト」である。

3814      「想い出」は宝ものである。

3815      いつもがんばっている自分に「金メダル」。

3816      ラーメンはシンプルな味が好き。

3817      オフィスでは「悠然と」歩き、外では速く歩く。

3818      木曜日の午後から「週末」は始まっている。

3819      得意分野があるときは、人のために協力しよう。

3820      困っている人がいたら、自分にできることを考えてみよう。

3821      ランチは「生きてるコスト」である。

3822      人生いつでも「マイレボリューション!」。

3823      ダウングレードで必要十分な機能のみを使いこなす。

3824      週末に仕事があっても、「週末は週末」である。エンジョイしよう。

3825      頭と心をいつでもスッキリ整理しておく。

3826      「シンプルライフ」とは、「整理された頭と心」のことである。

3827      「弱い心」は外圧を使って克服する。

3828      服は「着切る」ことにより価値が出る。

3829      「面倒くさい病」に打ち勝つには、とにかく「動く」こと。

3830      人間関係にも「賞味期限」がある。

3831      好きなものから食べると、次に食べるのは「残ったものの中で一番好きなもの」となる。

3832      自動車は「ちゃんと走って」「安全に止まれば」それでいい。

3833      予備のものが多いと「窮屈」になる。

3834      「問題」は解決するためにある。

3835      時間は使わなければ消えてなくなる。補充はきかない。

3836      持ち物は「小さいもの」「軽いもの」が便利である。

3837      収入より「はるかに低い支出」で生活する。

3838      持っている名刺を半分にしても何も問題はない。

3839      メディアとの関わりを減らすと格段に時間が増える。

3840      「お金」と「時間」はゆったりと使いたい。

3841      一つ終わったら、一旦片付けてから次のことを始める。

3842      「実際にかかる手間」でものごとを考える。

3843      考え込んでいるより、手をつけてみるとうまく物事が進むことが多い。

3844      お金を支払って、プロ・専門家に仕事を任せる方が結果を出せる。

3845      ポンコツでも車は走って止まればそれでいい。

3846      時間は「持っている資産(寿命)」がわからない。

3847      お金は「足し算」ではなく「掛け算」で増やす。

3848      ビジネスとプライベートの人間関係はシビアに分ける。

3849      「時間の燃費」を考えてみよう。

3850      中途半端な待ち時間をつくらず、ひと仕事できる時間をつくる。

3851      ものごとはすべて「頭の中」で起こっている。

3852      注意していないものは「見えない」「聴こえない」。

3853      いつでも60%のスタンバイをしておく。

3854      時間は「足し算」ではなく「掛け算」で考える。

3855      弁当の「いらないつけ合わせ」にお金を払ってはいけない。

3856      「好きなこと」は飽きない。

3857      人は変えられないが、自分はいくらでも変えられる。

3858      「自然体」でいこう。

3859      「世間体」より「お金の心配のない暮らし」を選ぶ。

3860      板前さんのように、デスクを常にきれいにしておく。

3861      「モノを持つ」ということは、「メンテナンスに責任を持つ」ということである。

3862      「となり」も「うち」も大差ない。

3863      日常の「小さなこと」を楽しむ。

3864      お金持ちは時間にゆとりがある。

3865      「美しい木」はバランスがとれている。

3866      「寝ている間にお金が入る」システムをつくる。

3867      「まとめ買い」は結局無駄なコストがかかる。

3868      なるべく「フロー」を増やし、「ストック」の割合を減らす。

3869      名刺は「生鮮食品」と同じである。

3870      荷物を少なくするとアクティブになる。

3871      「モノを持つ」ということは、「そのモノを使わなければいけない」ということである。

3872      問題意識を常に持って歩いていると、ヒントや答えが道に落ちている。

3873      時間をうまく使えないと仕事はできない。

3874      「美しい木」は生命に満ちあふれている。

3875      自分に「あいさつ」をしよう。

3876      「スーパーマン」は成功しない。

3877      「定食」より「アラカルト」、自分の好きなものを選ぶこと。

3878      「面倒くさい」という言葉をエサにして、「面倒くさい病」は増殖する。

3879      ビジネスとプライベートで共用できるペンを選ぶ。

3880      机の上を整理すれば、「次にすること」が見えてくる。

3881      ポイントカードを持つと、その店にしばられてしまう。

3882      統計学的に相手のニーズをつかむ。

3883      車は自分で運転せずに「乗せてもらう」。

3884      ピンチの時は原因をつきとめる。

3885      常に「最新」「最高」「最強」「最速」であり続けることはできない。

3886      「師」は年齢を超えて選ぶ。

3887      「時間にゆとりをもつ」ために「金持ち」になりたい。

3888      エレベータートークの30秒間で語りつくす。

3889      能率の悪い構成員から「ペナルティ」をとっても良い。

3890      「追い越し車線」を走り続けないこと。

3891      努力は「楽しみながら」すること。

3892      「働く」とは、「はた」を「楽にすること」である。

3893      苔の生えた大木を見ると、悠久の時を感じる。

3894      時間は「氷の彫刻」と同じである。

3895      「自分探しの旅」に出ても、結局自宅の裏庭に答えがある。

3896      「モノを持つ」ということは、「そのモノを管理しなければいけない」ということである。

3897      頭の中を整理すれば、「次に何をしなければならないか」の答えが自然と出る。

3898    目指す人、お手本にする人は自分の状況や環境に合わせてどんどん変わって良い。

3899      「タイムマネジメント」は「人生マネジメント」である。

3900      「パワーパートナー」の力を借りる。

3901      「不要なオプション」は要らないので断ろう。

3902      家族のために細切れ時間で仕事をしよう。

3903      レスポンスを早くする習慣をつける。

3904      残業するなら、電気・備品の使用料を払ってすること。

3905      「苔むした石」は「贅沢な時」を過ごしていると思う。

3906      1日1つずつ不要なアイテムを削ってみる。

3907      新聞を使って「自分の問題意識」を再確認する。

3908      「こま切れ時間」をつくらないよう段取りをする。

3909      大工さんのように、常に道具の手入れをしておく。

3910      机の引出しを整理すると、「自分の生き方」が見えてくる。

3911      在庫が多いと「無駄遣い」をしてしまう。

3912      「身の丈」生活は快適である。

3913      「情報」は「大切に扱ってくれる人」のところに集まってくる。

3914      「満足すること」で幸せになれる。

3915      どんな立場でも必ずできることがある。

3916      標準的なツールを使ってものごとを解決できるようにする。

3917      「もぐら叩き」をさせられる相手には、どっしり構えて対処する。

3918      「忙しさ」を楽しんでしまう。

3919      非現実的な期待をしないこと。

3920      相手へのリクエストは「はっきり・きっぱり・さっぱり」とする。

3921      本棚を見て、自分の問題意識を整理する。

3922      「五年後、十年後に何をするか」から逆算して、今を生きる。

3923      自分自身に語りかけよう。

3924      アマチュアは「他人の目」、プロは「自分の目」を気にする。

3925      コンピュータの起動時間を短くする。

3926      共有で済むものは共有で済ませ、専有物を減らす。

3927      「今できること」に集中する。

3928      時々、頭の中を「アップデート」しておく。

3929      心理学的に相手のニーズをつかむ。

3930      不得意な仕事を手伝ってくれる相手を探す。

3931      ピンチの時は「小分け」にして対処する。

3932      怒っている相手は無理になだめない。

3933      あまり深刻になりすぎるとエネルギーを消耗してしまう。

3934      わかりにくい時は図にしてみる。

3935      子どもの努力や協力は素直に認めて喜ぶ。

3936      「生きてるコスト」をなるべく少なくしよう。

3937      「人に伝える」ことではじめて「自分の考え」がまとまる。

3938      「生きてるコスト」を見直そう。

3939      「ダウングレード」で自分の身の丈に合った使いやすい道具を使う。

3940      仕事関連の自己負担費用はなるべく少なくする。

3941      他人の幸せについてコメントしない。

3942      「計画不足」はそれ自体が時間泥棒である。

3943      聴衆は常に「自分の味方」である。

3944      「イケてる自分」を演出してみるとうまくいくことが多い。

3945      「冬至」は、これからすべてのことが「上り調子」になる日。

3946      資料は「すぐにファイリングする」か「捨てる」のどちらか。

3947      「手放す」ことにより「ラク」になる。

3948      「笑顔」は人類みんなに通じる。

3949      「今の自分」でも十分誰かの役に立つ。

3950      「人に教えること」は「自分に教えていること」と同じである。

3951      睡眠は「生きてるコスト」である。

3952      ダウンサイジングで快適な生活を送る。

3953      「錆びついた人づきあい」はやめる。

3954      「持ち物を減らす」と「時間が増える」。

3955      「メンツ」は時間と労力のムダをつくる。

3956      モノを持ちすぎるとそれだけで時間と労力を取られることになる。

3957      言葉を「考え方を表すため」ではなく「隠す」ために使う人が多い。

3958      人生の地図とコンパスを手に入れたら現在位置を確認しよう。

3959      ポストイットは黄色のものを使うと目立ってよい。

3960      時には自分の人生をどうしたいのかじっくり考えてみる。

3961      笑顔は世界共通である。

3962      「限りある時間」をどう使うかじっくり考える。

3963      「燃費のいい」生活をしよう。

3964      ダウングレードで快適な生き方をする。

3965      どこでも手に入るツールで足りるようにする。

3966      時間の等価交換で事態をのり切る。

3967      「危険」を早めに察知し、いち早く適切な処置をする。

3968      常に「行動するのは自分である」と自分に言いきかせる。

3969      自分で答えを見つけられなければ、人からアドバイスを受ける。

3970      今日の天気をそのまま受け入れで楽しむ。

3971      自分が「したこと」「できたこと」をほめてやる。

3972      「好きな自分」を想い描いてみる。

3973      相手の話に同意できない時は、「へえ」「なるほど」「そうですか」でやり過ごす。

3974      名刺からメールアドレスを削除すると時間が格段に増える。

3975      明日からやり直せる。やり直せばいい。

3976      書店の棚をみて、潜在意識を刺激する。

3977      モノを捨てる時の「痛み」を経験すると、余分なモノは持たなくなる。

3978      タイムマネジメントは「目的」と直結するものでなければ意味がない。

3979      時々自分自身を励まそう。

3980      「私は何でも持っている。ただ、店に預けてあるだけだ。」と思えばモノを買わずに済む。

3981      過剰なサービス、不要なサービスは断る。

3982      ダイレクトメールを一通減らせば、10分長生きしたのと同じである。

3983      普段の生活の中で、いろいろな手順を見直してみる。

3984      倍の速さで動けば、半分の時間でゴールに着く。

3985      1日3回、朝昼晩に意識的にリフレッシュする。

3986      相手に注目していると、自ずと答えが出てくる。

3987      ものごとをあまり個人的にとらえすぎないこと。

3988      不要な目的・目標はすぐに手放す。

3989      相手の言葉の核心をつかむ。

3990      動く時は、まわりに協力者がいないかさがしてみる。

3991      「心配する」とエネルギーが消耗する。

3992      子どもに「子どもを信じていること」をしっかり伝える。

3993      食事は本当に食べたいものを食べる。

3994      スケジュールは腹八分目に入れる。

3995      ゴールはコンセプトから。

3996      ものごとの仕組みづくりこそが大切。

3997      「コト」が起こった時、あわてないこと。

3998      ものごとは「なるように」しかならない。

3999      時間は自分次第でいつでも味方になってくれる。

4000      情報発信をまめにすると、逆に情報が入ってくる。