enjoyhacks’s blog

時間は命

ワンランク上の早起き「7つの習慣」

直伝! ワンランク上の早起き「7つの習慣」

朝は「パーソナル」の時間に使う。

やりたいこと、楽しいこと、ワクワクすること、うれしいことをやる。

子どもの頃の自分を取り戻す感じ。

内的動機づけのみにしぼる。

1.パワーミュージック
元気が出る曲、好きな曲、昔良いことがあった時に聴いていた曲などをiPodウォークマンなどに入れ、通勤の時などに聴く。心と身体が目覚め、元気物質が分泌され、体中にパワーがみなぎってくる。

2.フィジカルトレーニン
身体に負担のかからない全身運動であるウォーキングの時間をつくる。
駅までのウォーキング、一駅余計に歩く、階段を使う。
特別なエクササイズをしなくても、十分に運動になっている。
昼休みと帰りをあわせて二時間以上のウォーキングをしている。

3.メンタルトレーニン
自分の内面と向き合う時間をつくる。
瞑想、夢について考える、人生について考える、生き方について考える。

不安と向き合う、弱い自分と正面から向き合う。
日常あらためてそういう時間をつくるのは難しい。
迷い、悩み、不安を受け止める時間をつくると、突破口、出口が見えることが多い。

4アクティブインプット
読みたい本を読む。
参考図書を飛ばし読み、斜め読みする。
新聞のヘッドラインを拾い読みする。
テレビ、ラジオのニュースヘッドラインをチェックする。
アウトプットにつながる積極的・選択的なインプットをする。
インプットされた断片が結晶化し、アウトプットにつながる。.

5.アクティブアウトプット
ブログ、SNSへの発信をし、社会貢献する。
ホームページの更新、
メールの配信
文章を書く
エッセイ、日記を書く
人生訓
アウトプットすると、頭が整理され、より良いインプットにつながる。
アウトプットすることでしっかり考えるようになる。

6.バランスチェック
ワーク・ライフ・パーソナルバランスのチェックをする。
人間の思考への集中力は弱いので、五感からの刺激の少ない時間をつくって手帳でチェックする。
「パーソナル」の自分を起点、リーダーにして、ワーク(仕事)やライフ(生活)について考えていく。
「本当の自分」「本来の自分」などとあらためて考えたり、「自分探しの旅」に出かけなくても、日々自分自身が見えてくる。
日常から逃げたくなるのは「パーソナル」の自分が小さくなっている時である。

7.リッチリラクゼーション
自分へのごほうびやリラクゼーションとして「少しリッチな体験」をする。
レギュラーコーヒーをドリップする。
「今日もできたよシール」をシール帳に貼っていくのも効果的である。